得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

スマホ対応の手袋を買って、気づいちゃったことを。

 

 腹がへって何気なく誘おうかなって思う人や、

 「ごはんでもどう?」と誘ってくれる人を想像してください。

 その人は大切にしたほうがいい人と思います。

 特に深い意味はないし、以後、あまり関係ない話をしますが。

 

 

 

 お正月に手袋を買った。

 百貨店に行ったときに、ちょっといいやつが並んでたので。

 と言っても、3000円ぐらいのSALE品ですが。

 

 買った手袋は、すぐれもので、スマートフォンが操作できる。

 手袋を外さずとも、画面をタッチできるので、

 冬の寒い季節でも、屋外でスマホを触ることができるのです。

 外回りで、突然かかってくる電話にも、素手をさらさずに対応できるのです。

 

 さぁ、手袋をつけてスマホ操作ができるとなると、

 冬の季節に素手で外を歩くことは無いような気がしてきます。

 ちょっとの外出でも、切り裂くような冷たい風が襲いかかってきますので。

 もはや、手袋をはずす理由がない。

 

 だけど、今日の通勤時、ぼくは手袋を外した。

 それも、風がびゅんびゅん吹き荒れている海沿いの道で。

 スマホの操作がスムーズにできる手袋をはずした。

 

 缶コーヒーを買ったのです。

 外が寒すぎて、体を温めるため、あったか~いやつを。

 手袋をはずすと、もちろん、手は痛いぐらい寒い。

 それでも、缶コーヒーの放つ温もりを素手で感じたかった。

 その時に、ふっと思った。


 あぁぼくは温かい飲み物を体に注ぎたいというよりも、

 手をこうやって温めたいから缶コーヒーを買っている。

 手袋を外してまで、この温もりを求めていると。

 

 自分が感覚的に思っていることと、

 本当に思っていることの違いってあると思います。

 ぼくが手袋と缶コーヒーを通じて気づいた今日のように。

 

 いちばん身近なことで言うと、友達とのごはんはそうだなって思います。

 お腹がすいたなぁと思って、友達を誘う。

 ごはんを食べているようで、仕事の愚痴や、悩みを話す。

 お腹を満たすために食事に行ってるようで、

 本当の目的は心許せる友達との会話ではないでしょうか。

 

 

 無意識に手袋をはずして、温もりを求めたように。

 無意識に、何も考えずに誘ってしまう友達。

 表面的に考えていることのうらに、本当に求めているものがある。

 

 

 求めているとか、求められているとか、

 そんなこと考えると重いかもしれないけど。

 週末だぁ。週末です。

 

 遊びに出る人は、寒いので、手袋マフラーは必須ですよ。