得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

花火大会って、なんの大会でっしゃろう。


夏は何を楽しむものなんだろう。

暑い。暑すぎる。汗はアスファルトにしたたる。

そして、数分後には蒸発して、なかったことに変わる。

 

誰かが言ってるような気がする。

 

「夏は、花火大会に行きなさい。

 そして、あまり混んでいない場所に行きなさい」

 

気がしてるんです。

 

このあいだ、花火大会に行ってきました。

とある浜辺で行われたイベントで、夜の19時半ごろから花火は打ちあがるスケジュール。

19時半って遅くない?って思ったけれど、夏は太陽がサービス残業中。

それぐらいにならないと、夜は訪れないのです。

 


まだ空が明るい時間、会場になっている海沿いの公園に足を運ぶ。

出店がずらっと並んでおります。

なんというか、食欲をそそられる匂いがしてくる。

 

こりゃイカ焼きだ。絶対そうだ。

食べたいけど、その奥にもっと魅力的なものがあるぞ。

 

 

【仙台牛タン串】

 

 

もはや、串って言葉は必要ない。

お祭りである必要もない。

“仙台牛タン”という言葉と匂いだけで、まんぞく。

一本700円也。

高いぞ。高いぞ。だけど、もはや口の中は牛タンの気分。

産地偽装に厳しいこのご時世。

あの串に刺さっているのは、ぜったい仙台牛タンなのだ。多分。

 

 

金網の上で、俗にいう“温めなおし”が行われた串。

焼きたてを食べたい。もはや、焼肉に行きたい。

そんな気分にもなりましたが、これはこれでうまい。

海が見える場所で牛タンを食べる時間は、焼肉屋では味わえない。

かと言ってBBQでも、牛タン【仙台】は、なかなか無い。

700円かぁ・・・まっ満足。

 

 

すこしだけ、空がオレンジ色に変わってきた。

 

 

f:id:heyheydodo:20160730000427j:plain

 

 

花火大会のメインステージ近くの公園は、人だらけ。

人口密度を意識しすぎたのか、汗がとまらない。

 

退散だ。

 

ちょいと離れた浜辺に腰かける。


f:id:heyheydodo:20160730000454j:plain


ここからでも、花火が存分に楽しめることは調査済みなのである。

音楽が聴こえてくる。

 

たらたんたん たらたんたん 

たらたんたん たららたたん

 

おっ、サザンだ。大好きな「真夏の果実」だ。

夕暮れの海を眺めながら、サビの頃にはもう大満足。

たくさん汗をかいたけど、来てよかった。

人はそこまで多くないし、涼しい夕方の風が吹いてきた。

 

 

牛タンのつぎは、スーパーで買ってきた680円の寿司をたべる。満足。

10貫680円は、1串700円に………やめておこう。

 

食べると今度は眠たくなってくる。

涼しい風に、BGM。

目を瞑っていると、もうこのまま開けたくなくなる。

花火大会に来ているのに。どうしようもない状態。

夕方の浜辺は、すばらしい居眠りスポットだ。

 

 

そうだ!

【めざまし花火大会】なんてイベントはどうだろう。

作ってみようじゃないか。

みんなで、夕方にうまいものをいっぱい食べて、

BGMを聴きながら涼しい浜辺で居眠りをする。

花火大会がはじまる時間は秘密。

しっかり眠りについたころ、大きな大きな花火の音で目を覚ますのだ。

目を開けると、満開の打ち上げ花火。

すばらしい寝起きの景色なんだと思うんです。

 


f:id:heyheydodo:20160730000556j:plain


ざわついてきました。

 

今回の花火大会では、しっかり【スタート!】の合図があって、

はじまったのですけどね。

 

どん。


f:id:heyheydodo:20160730000651j:plain


いやぁ、きれいだ。そして、音がいい。

打ち上がっている途中の光の軌道がいい。

開いたあとの余韻がいい。

うっすらと煙がみえてる。ゆっくり流れてる。

 

f:id:heyheydodo:20160730000711j:plain

 

赤ちゃんが泣いている。

怖いんだろうなぁきっと。

もうちょっと成長したら、この音を楽しめるようになるんだよ。

ぼくは20年ぐらいかかったけれども。

 


f:id:heyheydodo:20160730000729j:plain


 

とにもかくにも、花火が打ち上がってからは、あっという間の時間。

気づいたら、終了。

ほんと、あっという間。

 

終ったら帰る。当然の行動。

大量の人が駅に向かって歩き出す。

 

「あれ?涼しくなかったっけ?」

 

家に着くころには、汗だく。

 

だけど、なんか夏を楽しむってこういうことだろうなって思った。

花火を楽しむって、その前後も楽しむことなんだなって。

太陽のサービス残業、勤務交代の瞬間をみつめたり、

居眠りしたり、牛タン食べたり、寿司食べたり、

サザンを聴いてウルッとしたり、帰り道に汗かきながら満足感にひたったり、

家に帰ってお風呂に浸かったり。

 

 

誰かが言った言葉

 

「夏は、花火大会に行きなさい。

 そして、あまり混んでいない場所に行きなさい」

 

あっ、これ、ぼくの言葉だ。



花火大会が、

みんなで居眠りする大会になれば幸せだなぁ。

目覚まし花火を楽しみたいなぁ。


また来年のお楽しみ。