得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

サイダー片手に、蝉について考えたい。

パンダが36歳になりました。

人間で言うと110歳だそうです。


ニュースキャスターが話す。



こんな感じで、

動物の年齢は、

人間の時間で表現されることがある。




そろそら、

蝉が鳴き始めた。


木に登ろうと歩いている彼らをみつけた。


「大変やなぁ」って声をかけてみた。


無視された。



f:id:heyheydodo:20160713203908j:plain





蝉の一週間は、

人間の年齢でどれぐらいなんだろう。


100年くらいなのかもしれないし、

1日なのかもしれない。



勝手に、儚いって決めてしまうのも違うのかもしれない。

確かなことは、彼らが強く生きていること。




家に飲み物がなかったので、

自動販売機へ走った。


お茶の500mlのペットボトルを1本と、

つめた〜いサイダーの缶を1本買う。


乾いた喉を、おもいきりスッキリしよう。

帰り道に、缶をプシュっと開けて飲む。





ん。


おかしい、ヨーグルトの味がする。


f:id:heyheydodo:20160713204506j:plain



あれ。

“日本のサイダー”を買ったはずなのに。

乳酸菌が入ってる。




美味しいんだけどね、

おもいきりスッキリしたかったんだ。



あぁ、鳴いてるなぁ。


サイダー買いに戻ろうかなぁ。


たぶん、またチチヤスが出てくるだろうなぁ。