得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

肉売りの豚バラッド

あぁ、量ることは難しいことじゃない。


ただ、測り、切り身乗せ

小皿の中をからっぽにするだけ。


あぁ、目を閉じても手の感覚でわかる。


トンカツの重みとか、しゃぶしゃぶの一枚。


本当の豚は、脂が美味いらしい。


いつもなら、照れくさくて言わないことも、


今日だって、お客様を思いながら、肉売りは量るよ。


ずっと言えなかった言葉がある


短いから聞いておくれ


「いつもありがとうございます。」


ーーーーーーーーー

斉藤和義 の、

歌うたいのバラッドを変換。


f:id:heyheydodo:20160607095632j:plain


精肉店でアルバイトしていた学生生活。

肉を切る職人さんが1人いました。


1gの単位で美しく肉を切る。

楽しそうに、すごく楽しそうに。


その人の切るステーキは、

すごく売りやすかったです。

美味しそうだから。


かっこいいと思いました。



替え歌って思うと、ちょっとふざけてるように聞こえるけれど、

讃歌と言えるものを考えていました。