得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

他人のお葬式で、泣いてくれる人がいた。

 

ぼくも、他人の葬式で、泣いている人になってしまった。

 

 

銀行で営業の仕事をしていると、

お客様はご高齢の人が多い。

その分、今までに何度か、

お葬式や線香を届けてきている。

月に1度ぐらい、お話をさせてもらっていた人が亡くなられた時、

ぼくは人の死というのは、

本当に突然なんだなと痛感する。

 

 

 

お客様の死は、ぼくたちの業績に直結する。

定期預金は出ていって、

息子さん達が持って行く。

運用をしてくれていた大きなお客様が亡くなると、

来月から助けてくれる人が1人いなくなる。

 

 

相続はピンチ、相続はチャンス

 

 

すごく苦手な考え方だ。

ぼくはどうして、この人のお葬式に出席しているんだろう。

何を考えながら、手をあわせているんだろう。

きっと、ご家族から思われているのは、

「お金が目当てなんでしょ」

なんだろうなぁと感じてしまう。

 

 

仕事の中で、やっぱり本当に自分が追い込まれるし、

今まで以上にピンチになるのは事実だから、

相続のあとも取引をしてほしいのは本当の話。

 

 

でも、でもなぁ。

心の底から、感謝の気持ちを伝えたいと思っている。

思っているんだよなぁ。

 

 

みんながそうかは分からないけど、

相続が発生した瞬間に、お金が動くから、

そのタイミングで保険を推進してみようと考える人もいる。

仕事のできる人だと思う。

相続税について、

いちばん考える瞬間は、相続をする瞬間だから。

 

 

ピンチをチャンスに出来る人は強いと思う。

 

 

でも、それができない。

誰かの死をチャンスとかピンチと思いたくない。

ただ、その最期の式には、故人を想う時間が流れていてほしい。

ぼくが家族ならそう思う。

 

 

気づけば、お給料が発生する時間に、

ぼくは手をあわせて泣いていた。

 

 

公私混同という言葉があるが、

こんな時に使うものなのだろうか。

あまり良い意味で使われている印象が、ない言葉だ。

仕事に私情を持ち込んでいる人は、

だめな人なのだろうか。

まぁ、奥さんとケンカして、部下にあたる上司はだめな人だと思うけど。

 

 

 

祖父のお葬式の日、

喪服で数珠を持っている参列者の中に、

ひとりだけTシャツにズボンの若い男の人がいた。

 

その人は、誰よりも涙を流して、しばらく祖父の棺桶から動かなかった。

 

 

母は彼の肩をたたいて強い口調で言った。

「〇〇さん、こんなに毎回お葬式で泣いてちゃだめ、心がもたなくなるよ」

ぼくもよく知っているそのお兄ちゃんは、うなずきながら泣いていた。

 

 

祖父の介護は、夜はぼくがやっていた。

大学に行っている間のお昼の時間は、そのお兄ちゃんがやってくれていた。

訪問ヘルパーになってまだ数年のその人は、

頑固で偏屈な祖父に対して、いつも一生懸命に介護をしてくれていた。

 

「介護なんていらん」

 

口癖のように言う祖父に対して、やわらかい返しで、

大汗をながしながら着替えや食事を手助けしてくれていた人。


「持って帰りなさい」

 

母が買ってきた果物を、祖父はいつしか、

そのお兄ちゃんにあげるようになっていた。

他の人が来る日は、また文句をずっと言ってしまって、

申し訳ないですと謝ったこともあった。

 

 

ヘルパーさんは、

ぼくよりもずっと人の死と近い場所で仕事をしているし、

まっすぐに人と向かいあう仕事だ。

体力もたくさん使うし、ぼくみたいにサボることなんてできない。

その人たちの助けを待っている方が、たくさんいるからだ。

 

 

他人の葬式で、泣いている人を見たのは、それが初めてだったと思う。

 

大学生のぼくより、ちょっとだけ年上の人が、

仕事を通り越して誰かの死を悲しんで泣いている。

あんなにも、大変な思いをしながら、文句を言われていた老人の死を、

誰よりも泣いている。

 

 

あんな人になりたい。

その時に、ぼんやりと思った。

いまも、その映像が頭をよぎる。

 

 

あの人はいまも、誰かのお葬式で泣いているのだろうか。

誰かとまっすぐ向き合って、仕事をしているのだろうか。

 

 

ぼくが今、他人のお葬式で泣ける人になれたのは、

あの時に、一生懸命に向き合うヘルパーさんを見たからだ。

 

あのTシャツにズボンでお葬式に駆けつけ、

親族から泣きすぎてお叱りを受けるような、

まっすぐな人でありつづけたい。

 

今の仕事を辞めたとしても、

人の死と遠いところで働くことになっても、

それでもずっと忘れることのない、

あるべき姿をぼくは持っている。

 

 

ぼくの人生の目標である普通の人は、

いまも、この暑い夏を、

タオルを首に巻いて自転車で走っているんだろうか。