得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

父の日は、パパの日。【ショートショート】

 

 

子どもから贈られるプレゼントは、一生物だ。

それが食べる物なら、包装紙だけでも置いておきたい。

手紙なんかが入っていたら、ファイルにしまって何度も読みたい。

たとえば、娘が大きくなって、反抗期になって、

いっしょにいたくないって言われても、

そんなときは、もらった手紙を読みかえす。

そうすれば、あの頃の娘がそこにいて、

反抗期だっていつか終わるときがくるし、

気づけばドラマのように結婚式で泣きじゃくるのだろうなぁ。


娘が幼稚園に通いだして、最初の父の日前夜。

はじめて父の日というものを教えてもらって、

なにかをパパにプレゼントしようと先生は娘に言うだろう。

言ってくれるにちがいない。


だって、ほら母の日には、

しっかりきれいなお花を作って帰ってきたではないか。

誕生日よりも、わくわくしてしまうのは、

「パパおめでとう」よりも、「パパありがとう」と言われたいからだ。


 感謝されたいわけじゃないけど、

「ありがとう」と娘に言ってもらえる期間は限られているはずだ。

もしかしたら、うちの娘の反抗期だけ来年くるかもしれない。

 

 

 

男は、すごくその一日をソワソワしていた。

 

 

 

仕事を終えて、家にとんでかえる。

娘が寝てからじゃダメだ。

父の日は、今日しかないのだ。

何度も言いたくなるのは、

もしかしたら、うちの娘の反抗期だけ来年にくるかもしれないという不安である。

 

 

「パパおかえり~」

 

 

いつものように、娘が言ってくれる。

いつものように、ぼくは娘に言う。

 

 

「まな~ただいま~」

 

 

いつもなら、妻にもおなじように言葉をかけるのだが、

今日はすこし焦っているのだ。

ネクタイを外して、カッターシャツを脱いで、部屋着になって、

おとなしくすんなりと定位置に座る。

普段なら、もうちょっとダラダラと動くのだが、

今日は2倍速である。

そして聞えてくるあの言葉。

 

 

「パパいつもありがとう」

 

 

娘の手には、一枚の紙があった。

あぁ、オヤジよ。田舎のオヤジよ。

ぼくは、こんなにしあわせな瞬間がくるなんて思ってもいなかったよ。

普段の仕事でのストレスなんて、もう忘却のどこかへ、そう、彼方へ消えたよ。

 

妻も、ほほえましく娘とぼくのやりとりを見つめている。

あぁ、妻よ。愛する妻よ。

今日だけは、普段以上にぼくのしあわせに同感してくれたまえ。

ぼくのフィギュア収集の趣味には無関心の君も、

父親としてのしあわせには全面的に同感してくれたまえ。

 

 

「なんだい?」

細く細くなった目で、ぼくはニヤけながら娘に聞いた。

 

 

「今日は、父の日だから。はい!パパにプレゼント!」

 

 

「なになに?え~っと…」

 

 

娘に渡された紙には、こう書かれていた。

 

 

 

くらぶ まな

でんわばんごう 06-××××ー〇〇〇〇

ぱぱだいすきだよ♡また来てね♡

 

 

「パパがおへやでだいじにしてるやつ、まなもあげるね。パパいつもありがとう」

 

 

 

それは、まぎれもなく、

幼稚園児がかいたキャバクラの名刺だったのである。

 

 

 

「…まなちゃん、そろそろオヤスミしよっか」

 

 

妻が、空間を切る。

 

 

「もうちょっと、夜更かしもいいじゃないか」

 

 

ぼくの言葉は、弱く弱くこぼれた。

 

 

その日の会議は、

ながくながくリビングで続いた。