得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

おしょうゆ

 

こいくち醤油と、ともだちだ。

 

見てくれすこし怖いけど、

ほんとは、気遣いさん。

 

その場の雰囲気をじんわりとまとめる。

わがまま言ったら、聞いてくれる。

ぼくにあわせて、いてくれる。

 

 

 

うすくち醤油と、ともだちだ。

 

あっさりしてて、心地いい。

一緒にいるのに、何も考えずボーっとしてるの。

 

だけど、ほんとはすっごく熱い。

夜ふかく、ふかくなったら、

彼の味わいが、熱量が染み込んでくる。

 

 

 

だし醤油なんか、しんゆうだ。

 

つつまれてたい、浸されたい。

 

彼がいたら、他になにもいらないの。

どんな奴が来たって、

いつもすることはひとつだけ。かけるだけ。

 

どこにいたって、隠れてたって、

だしが、いるってすぐ分かる。

 

連絡したらさ、

気づけば会ってるしんゆうなんだ。

どこに行っても、

いつもたのしいしんゆうなんだ。

 

 

塩分のとりすぎ注意して、

たまには、孤独にがんばるよ。

 

ご褒美なんていらないさ、

そこにしょうゆがいてくれたら。

 

 

砂糖も呼んでさ、あぁ、佐藤。

温泉行こう、銭湯も。

浸かってたいんだ、ぼくは大根。