得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

銀行員に潜入。11マス目

  

 

 「海老一染之助・染太郎」の画像検索結果

 

 小学校の時から大好きな、海老一染之助・染太郎師匠です。

 今でも、お正月がくるたび新年を祝う2人の声が、

 頭の中をぐるぐるとめぐって、楽しい気持ちになります。

 冬休みの宿題で、年賀状の絵を書く宿題があって、

 このお二人を書いて提出するぐらい好きでした。

 

 

 というわけで、年が明けて一週間。

 気づくことがありました。

 新年のご挨拶というのは、ありがたい。

 営業にとって、普段から門前払いを受けるお客様にも、

 「あけましておめでとうございます」を言うために、

 インターホンを押す勇気が出るのです。

 お客様も、挨拶のために来た人間を追い払うことができないのである。

 初めから、うまくいかないと思って気楽に話をしていると、

 そこから話がはずんで、仲良くなれる人もいるわけで。

 

 (扉を)あけましておめでとうございます、

 の恩恵をしばらくは受けようかと思ってます。

 

 たくさんの人の家に行って感じたことは、

 「おめでとうございます」と言うのは気持ちがいい。

 年をとることを悲観的に感じる人はいても、

 年が明けることを嫌がる人はあんまりいない。

 1年という人生の時間に、

 日本中の人がおなじように終わりを感じて、はじまりを感じる。

 「あけましておめでとうございます」という言葉は、

 どの家の、どの人にとっても共通の話題だ。

 

 ぼくたち営業は、いつも共通の話題を探すのに必死で。

 すこしでも、お客様に近いところにいれるように、

 趣味をきいたり、家族の話をしたりする。

 知らない作家の話を聞いたら調べるし、

 お客様の地元の話が記事になっていたら切り抜きをつくる。

 そうやって、少しずつ、歩み寄ろうとしている。

 もちろん、そこには営業とお客様という関係が見え隠れするけど、

 お互いに忘れられるように努力をする。

 

 どうやら、

 「新年は祝いたくなる」という感情はぼくたちにチャンスをくれるみたいだ。

 ノルマは嫌だし放棄したいし、仕事は本当に行きたくないけど、

 これからの数日間、どんな新しい人に会って、どんな新しい知識がもらえるか、

 そこだけを目標にインターホンを押そうと思う。

 

 

 営業と、お客様という関係で、「おめでとう」という感情を共有できるので、

 『あなたと友達』や、『あなたと家族』といった関係性には、

 もっともっと何かが生まれるチャンスがあると思います。

 しばらく連絡をとっていなかった友達や、あんまり話していない家族へ。

 あとは、これは使えると思うのですが、

 気になっていたけど連絡をするのをためらっている異性へ。

 

 何かが動きだすきっかの合言葉は、

 「あけましておめでとう!」であると提案させてください。

 ただし、ちゃんと祝うこと。染之助・染太郎師匠のように元気よく、軽やかに。

  

 

 今年も、すこしだけ、銀行員をやって、

 あとは、営業エリアをふらふらと話題を求めて歩きたいのですが、

 また悩ましい日々が続きそうで、胃がキリリとしているわけで。

 

 

 みなさんも、ぼくも、新しい一年を祝って、

 夢へ一歩踏み出せる年にしましょう。