得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

暖簾になにを、しかけりゃいいの。【ことわ・ざ】

 

 今回は、こちらのことわざ。

 

 

 

 

f:id:heyheydodo:20160820104608p:plain

 

 

 

 

 意味は分かる。大体は分かる。

 

 

 

 だけど、そもそも、暖簾が何か。

 それよりも、腕押しって何か。

 

 わかってないのに、ことわざの意味は分かっている。

 これは、不思議だ。おかしい。

    

 

 

 

 

 暖簾は、「のれん」。

 

 あれですあれ。町にある食堂とかの入り口にぶら下がっている布。

 

 

 

f:id:heyheydodo:20160820104722j:plain

 

 

 

 

 のれんが出ていると、その店は営業中であると分かったりします。

 

    まぁ、横の【営業中】を見てしまうのですけど。ね。

 

 

 あと、今はそんなことをしませんが、

    昔はお客さんが食べ終わって外へ出る時に、のれんで手を拭いていたそうな。

 

 「おいしい店は、のれんが汚い」

 なんて指標があったみたいです。

 

 

 まさに、汚い店ほど美味いというのは、ここにあるのではないのかな。 

 

 不潔と、汚いの違いはここだと思うんです。うん。

 

 ハエが飛んでいるのと、のれんが汚れているのはワケが違う。

 

 

 

 あと、現代においては、

 「おいしい店は、星が多い」

 と言ったところではないのかな。

 

 

 レビューを見て、物を選ぶ時代。

 ネットショッピングには、天体観測が欠かせませんねぇ。

 

 

 

 

 

 さて、腕押しですけども。

 こっちが大本命。理解されていないほうのやつ。

 恐らく、ニュアンスは分かっているけどってやつ。

 

 

  じゃん。

 目の前に、のれんがあって、腕押ししてみてくださいって問題が出る。

 

 悩んだ結果、みなさんはどういう行動をとりますか。

 

 

 

 3秒待ちましょう。

 

 

 1 

 

 

 2

 

 

 ・・・もうちょっとほしいですか。そうですか。じゃあ5秒で。

 

 

 3

 

 

 4

 

 

 5

 

 では、答え合わせをしましょう、

 させてください。

 

 

 スタンディングで、のれんに触れているあなた。

 間違いでございます。

 

 スーツを着ていようとも、地べたに這いつくばって、

 肘は地面に接すること。

 店頭に、椅子がある場合は、それでもいいですねぇ。

 

 

 そして、のれんとがっぷりよっつで組み合ってください。

 

 

 伝わってますでしょうか。

 いやぁむずかしい。

 

 

    味のありそうでない、絵で答えを。

 

 

f:id:heyheydodo:20160820104924j:plain

 

  

 

 つまりは、腕押しとは、腕相撲のこと。

 

    暖簾に腕押しとは、

 のれんと、いくら腕相撲をとっても張合いがないってことなんです。 

 

 

 

 

 でも、のれんは、腕じゃないじゃないか。

 ってことは、完璧な試合不成立じゃないか。 

 

 だったら、意味は、

 

 「無意味なことに挑むこと」

 

 じゃないのだろうか。

 そんな意見を提出しようと思ったり、思わなかったり。

 それこそ、無意味なことに挑んでるような気もしてきます。

 

 

 

 ほいほい。

    現代における、暖簾に腕押しは一体どんな表現がいいのだろうか。

 

 暖簾と何をしようか。

 それとも、何と腕相撲をしようか。

 

 

 

 

 う~ん。こまった。

 ここまで書いておきながら、答えが見つからない。

 

 

 完全に、無気力なものが見つからないのである。

 いわゆる、生命が宿っているものは少なからず抵抗してくるに違いない。

 

 

 

 なまけものに腕押し

 タコに腕押し

 ねこじゃらしに腕押し

 

 

 

 いろんな物に勝負を挑んでも、ちょっは張合いがありそうなんです。

 

 

 

 ってなると、無機質なものに何かをしかけることになるんですけども、

 これがまた見つからない。

 

 

 

 のれん程に、力のぬけた存在が見つからないのです。

 

 

 あの、ヒラヒラした姿。

 風に身をまかせ、ゆれる切れ込み。

 棒に刺されて、店頭に吊るされる無気力。

 完璧なのです。

 

 

 ここまで散々、書いてきたのですけどね。

 ですけども。

 

 

 やはり、昔の人はすごいんですね。

 

 

 

 いろいろ解剖してみたけれど、また元の姿にもどっていくんです。

 

 「暖簾に腕押し」がやっぱり、完成形だったんです。

 「暖簾に腕相撲」でもいいとは思うんですけどね。

 

 

 

 

 無理をして、ことわざを作るとしたらこうじゃないのかな。

 

 

 

 

 充電切れのiPhoneに、Hey!siri!

 

 

 

 どうですか。

 

 

 ・・・

 

 めちゃくちゃ使いずらいやないか!って意見はよしてください。

 

 いまのぼくに、何を言っても暖簾に腕押しですよ。

 

  

 

 

     【暖簾に腕押し】

 意味

 ・なんの張合いもなく、手ごたえがないことの例え