得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

朝に力を抜きましょう。



向上心がないのに、うまくいってしまった時に、

どんな顔をしていたらいいか分からなくなりませんか。


自分の飛び越えたいハードルを、思いっきり飛び越えないと心から笑えません。



立ちたい舞台で全力で跳んだことを、見てもらいたい。


そうじゃないのに、少しうまくいった(というよりごまかした)時に、

褒められるたり、評価されるほど、みじめな気持ちになる。



やりたいことを、ストレートにできる人なんて沢山いるわけじゃない。


就職活動の時は、

「やりたいことをやるんだ!」

これで良いと思うんです。


だけど悲しいかな社会人は違う。


奨学金も、

「俺を忘れるなよ!」

って肩を組んでくる。



でも、条件を絞られることを、

意外に人は嫌いじゃないはず。


〇〇しかない中で、

何をするか。


〇〇の経験を、

どう活かすか。


料理と似ていませんか。

あるものを全部使っての勝負。

できる時間は限られてるけど、

凝ろうと思えばできる。



お茶漬けをとびきり美味しく作れる人がいれば、

フルコースを完璧に生み出す人もいる。



今の自分の経験が、

どんな料理を作り出す勉強になっているか。


それが分かってくると、

ちょっとした人生の寄り道も楽しい。



立ちたい舞台に上がろう。

手繰り寄せる力を持ちましょう。






小ネタをひとつ。


通勤時間に、

明日があるさ」を聴いてみてください。

今日というものに対するプレッシャーを、

少し減らすことができますよ。


頑張らなくて良いわけじゃない。

だけど、明日だってあるんだから。





おはようございます。


f:id:heyheydodo:20160720070700j:plain