得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

いいことばかりじゃないけれど、でも、いいこともある。

 

夏がようやく終わった。

来週からはネクタイ着用で、仕事になる。

クールビズという言葉すらなくして、Tシャツで仕事がしたいなぁ。

 

先週はついてなかった。

1年半乗っていた仕事用の自転車が壊れてしまって。

どう壊れたかというと、後輪が破裂したのです。

パンクというより、破裂。自転車屋さんで空気を入れてたら、パンっと。

 

飛びました。あまりの驚きに、後ろへ飛びました。

耳はキーンっとなって、

あぜんとした顔の、自転車屋さんとぼく。

 

電池が2分できれる電動自転車は、

電池が2分できれて後輪が破裂した自転車になりました。

 

支店まで、えっさほいさと自転車を運ぶことになって。

もうめっちゃ重たくて、例のごとく、汗だくでした。

 

で、月末から月初へそのまま突入したわけですが、

なんだかとても疲れてしまいました。

 

からだは、すっごい重くて。まぶたも、すっごい重い。

うつむきながら座っていると、

いつのまにか寝ていて、ボーッとしている日中が増えました。

 

それでも、お客さんの家へ行けば、お昼ご飯があったり、

お土産があったりするので、ありがたい限りなのですが。

 

 

で、いま、ぼくは何を頑張って生きているのか。

どんなことを考えながら、毎日を過ごしているのか。

 

それは、

相場がどうとか、定期の金利がどうとか、

明日の天気がどうとか、稟議書がどうとか、そんなことじゃないんです。

 

 

やさしく、つよく、おもしろく。

 

ほぼ日刊イトイ新聞というwebサイトを、知っていらっしゃいますか?

 

コピーライターだった、糸井重里さんが社長をされており、

たくさんの人をやさしい気持ちにしてきた会社、

『ほぼ日』が運営するインターネットの場所です。

 

ぼくは、いま、そこで「ほぼ日の塾」というものに通わせてもらってます。

 

高校のときに、進学塾へ行きましたが、親に内緒で3か月で辞めました。

でも、いま、ぼくは塾へ通っています。大人になってから。

 

これから年末にかけて、3つのコンテンツを自分で作成して、

ほぼ日という大好きな場所で発表できるチャンスをもらいました。

 

だから、毎日つらくて、ねむたいけど、でも楽しくもあります。

帰り道は、「さぁ、帰って編集するぞ!」と明るくなります。

会社では、ほんと、魚の干物のような眼をしているに、

家では、独り言で「たのしい」とか言ってます。

 

もし、ぼくのブログをたまぁに見てくれている人がいましたら、

ぜひ、ほぼ日にもやってきてください。

大きなwebサイトの片隅で、ちょっとだけ、

ぼくが考えたり、書いたことがのこってるかもしれません。

 

 

「いい時間」を過ごしてもらえるようなものを、

一生懸命考えていきたいです。

 

報告だけになってしまいますが、

でも、

報告したかったんです。

 

いつも、読んでくださってありがとうございます。

このブログのおかげで、いま、ぼくは「たのしい」と独り言ができています。

 

それは、読んでくださる人がいるおかげでもあります。

 

だから、報告したかったんです。