得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

その手が向かう先、ぼくの特茶あり。

 



f:id:heyheydodo:20170715153003j:plain



リュックサックを買った。

 


ふだんはいつも、

大好きなドラえもんの手提げかばんに、

ノートとお茶を入れて、

特に目的もなく外を散歩するのだが。

東京へ勉強しに行くことが増えた。



目的ができると荷物も多くなる。



ドラえもんのかばんも四次元ではないので、

なかなか許容量がしんどい状況になって、

この度リュックサックを導入することになったのです。

 

 

手提げかばんの好きなところは、欲しいものをすぐに取り出せるところ。

電車に乗ってても、道を歩いていても、

いつでも瞬間で読みたい本が出てくるし、飲みたいお茶が出てくる。

 

 

しかし、リュックサックはそうはいかない。


一度、肩から降ろして、チャックを開けて、中身を物色。

ようやく欲しい物を手に入れ、また背負いなおす。

 

はぁ、めんどう、めんどうだ。

 

 

おっ、ちょいと待とう。

 

 

横にポケットが付いている。両サイドにある。

なるほどね、これだよ。これ。

ペットボトルは、ここに入れたらいんだな。

180円で買った特茶の500mlが、ピッタリはまる。

 


すごい便利だ。

歩きながらでも、後ろに手をまわせば、

侍が刀を抜くように、

サラリーマンは特茶を抜ける。

コレステロールを切り捨てろ。

脂肪の吸引をお助け申す。

 

 

ちょっとだけ強くなれた気がしてきて、

背中に大きな使命を背負っているような気もしてきて、

多分それは荷物が多いだけなんだけど。

 

 

電車に乗って、リュックサックをお腹のほうにまわし、席へ座る。

となりに、おなじような体勢で、赤ちゃんを抱えた女性が座った。

 

ジーッと視線を感じる。

 

これはいかん、見つめられている。

どうしよう。どうしよう。

ぼくが見つめかえすと、怖いかもしれない。

でも、見たい。

 

 

ぼくも、ジーッとみた。たぶん、きっと、女の子だ。

 

しばらく僕をみたあと、

赤ちゃんは手を伸ばしてきた。

 

その手が向かう先、ぼくの特茶あり。