得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

『帰りたくて、家』

 

電車がしんどい。

人がたくさん乗っていれば、乗っているだけしんどいね。

まわりの人たちも、おんなじことを思っているだろうね。

 

ぼくも、満員電車のひとり。

だれかが掴みたいつり革を、必死に手放さないで揺れている。

 

電車がおくれると、

たくさんの人たちイライラしてくる。

なんとなぁく、ホームが居心地の悪い感じになって、

イヤホンをして音楽を聴いていても晴れない。

 

 

おっさんがキレている。

駅員さんをつかまえて、ストレスを思い切り発散させている。

ぼくのイヤホンを通りこして聞こえてくる怒声。

 

会社でうまくいってないのか、

夫婦仲がいまいちなのか知らないけど、

キレたおっさんほど、周りの気分をわるくする生物はいない。

 

1位 キレたおっさん

2位 頭の上をグルグルまわる虫

 3位は、う~ん。家で出くわす何かしらの虫にしておこう。

 

 

その日の遅延は、沿線火災だった。

線路の近くで、火事があったから電車は一時停止。

火がおさまるまで、足止めをくらったというわけで。

 

もちろん、沿線火災なので、

ほかの電車は動いている。

振替輸送もあるから、別ルートで帰宅だってできるのだ。

 

 

なのに、おっさんはキレることをやめない。

ただひたすらに、駅員さんに何かを語っているのだ。

 

 

どうして、おっさんはこんなに怒っているのだろうか。

 

仕事が終わって、ヘトヘトなのに電車が来ない。

だから怒っているんだろう。たぶん。

 

その先に待っているものは、晩酌やテレビ、風呂といった時間だろうな。

おおまかに言うと、家に帰りたくて仕方ないのだ。たぶん。

 

つまり、おっさんはホームシックなのである。

お家に帰りたくて、帰りたくて仕方ないから、

駅員さんにその辛さをぶつけているのである。

 

 

 

野球中継がみたくて、焼酎をのみたくて、風呂に入りたくて、

俺の叫びを聴いてくれ! 『帰りたくて、家』

 

 

イヤホンをつけて、音楽を聴いているから、

本当のことは分からないけど、

とりあえず大体の人がキレている理由なんてこんなもんだ。

 

あとはちょっとの、

仕事がうまくいかないとか夫婦仲がいまいちとか、

そういうスパイスが効いているそれだけなんだ。

 

 

いい年した大人が、

ホームシックで駄々をこねている。

 

そう思ったら、なんだかおかしく見えてくる。

むかしやってた水泳の合宿で、

家に帰りたいと泣いていた少年とほとんど同じだ。

 

 

それからしばらく、

おっさんの『帰りたくて、家』を聴いていたと。

というより観ていた。

 

 

電車はようやく到着して、新快速は動きだした。

もうそれはそれはギュウギュウである。

 

いつもの駅に到着したら、

ホームにはこれまた沢山の帰宅人がいた。

ぼくの乗ってきた電車を待ちにまった人たち。

 

 

降りた人が作ったスペースに、

これでもかと乗る人がなだれ込む。

 

 

もう乗れないだろって状態のところへ、

タックルのように乗り込んだおっさんがいた。

そして、そのタックルを思い切りくらったおっさんがいた。

 

あまりの勢いに、カチンときたのか、

タックルをくらったおっさんは、

相手をつかんでホームへ投げた。

 

くびねっこを掴んで、

柔道でいうとこの大外刈りをきめていた。

 

 

ケンカである。

 

 

『帰りたくて、家』が脳内に流れてくる。

ぼくのプレイリストにそんな曲はないけど、もう何度目のリピートだろうか。

 

 

とっくみあいの二人をホームにのこして、

満員の電車はゆっくりと出発をした。

 

 

 

改札へ向かうぼくの横を、

猛ダッシュで駅員さんがすれ違っていく。

 

 

駅員さんだって、

はやく家に帰りたいんやろなぁとか思ったりする。

 

人間は、すごく単純なことで怒っていると仮定すると、

おバカに見えてくるから面白い。

 

これからは駅でキレているおっさんは、

ホームシックであると定義づけしてみてください。

『帰りたくて、家』が聴こえてきますよ。