得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

回転日記

 

こんばんわ。

今宵も、回っていますか。

 

最近、思うことがありまして、それは何かっていうとですね。

人は“回転”が好きだなぁってことなんです。

 

なんで、こんなことを思ったのかって、

回転寿司が、ほんと大好きなんです。

 

回っているんです。お寿司が。

くるくると、レーンに乗って。

 

もちろん、友達と行って食べているから楽しいのかもしれないのですけど。

それだけじゃない気がするんです。

次から次へと、お寿司のパレード。

 

はっと、顔を上げると、光りかがやく大名行列

ワクワクしてきてたまらない。

 

ほかには、どんな回転があるだろ。

そうだ。お好み焼きだ。

あの、くるりと回転する瞬間が楽しい。

 

メリーゴーランドとかも、やっぱり乗ってみたら楽しい。

どの馬に乗るか必死に選んで、

あとはひたすらグルグル回る。

それだけなんだけど、ボーっと馬にゆられるのがいい。

 

回転木馬というミュージカルがあるけど、

観る前から何か面白いことが起きそうな予感がしてくる。

回転焼きというおやつがあるけど、

食べる前から何か面白いことが起きるに決まっている。

 

 

縦にくるりと回るというのは、

どことなくトリッキーな動きだ。

横にぐるぐる回るのは、

電車ごっこのような永遠に眺めることのできるパレードだ。

 

 

 

 

『世の中を、回転させる』

 

 

って肩書を、背負うのはどうだろう。

なんとなく、中間管理職のような気がして面白くない。

 

 

『世の中を、縦回転させる』

 

 

ちょっとだけ、何かをしでかしそうな気がしないですか。

しないかなぁ。

 

 

『世の中を、横回転させる』

  

どうしよう、今日の終わりかたが見つからない。

 

 

 

そういえば、ぼくは回転寿司が大好きで。

あの光かがやくパレードを眺めるのが・・・・

 

 

話も、一回転させてみようと思いましたが、

意味もないのでやめておきます。

 

 

 

なにかが起こりそうな予感がするでしょ?

 

なにもないんですけどね。



まわる、まわるよ、時代はまわる。