得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

白玉の先に。

 

帰り道の電車で聞こえてきた言葉。

 

「調理実習を乗り越えないとあかんわ」

 

なんてことだ。

調理実習は、乗り越えないといけない壁になってしまったのか。

 

ぼくは、好きだった、調理実習。

エプロンつけて、バンダナを巻いて、

忘れた人は給食当番の服を着て。

 

先生の言われたとおりに作るのに、

美味しくできる班と、できない班があったりして。

 

みんながおなじように進んでいるのに、

片づけが早い班と、昼休みにまで突入する班がある。

 

気になる女の子と、おなじ班になってたりすると、

「料理って素晴らしい」って思い続ける時間になる。

 

隠し味とか言ってちがう料理につかう調味料を、

調子に乗って使って、まわりに白い目でみられるやつがいる。

 

 

調理実習が乗り越えないといけない壁なのか。

乗り越えた先に何があるんだろうか。

あんなに楽しい時間なのに。

 

みんなでダラダラつくる、

ミートソースのスパゲティに勝てるものはあるんだろうか。

 

きっと、彼らにはもっと楽しい時間がいっぱいあるんだろう。

 

カラオケ行ったり、USJに遊びにいったり、

LINEでやりとりしたり。

 

それでもやっぱり、

白玉フルーツポンチを作るのはめっちゃ楽しいんだけどなぁ。

 

白玉の先に、いったい何が待っているんだろう。

 

そんなことを、ボーっと考えていると、

さいごにまた聞こえてきた。

 

 

 

「ふふふ、あの白玉地獄を乗り越えないとあかんよなぁ」

 

「うん、あれは地獄や」

 

 

なんやねん、

ボルダリングみたいに、

楽しそうに壁を登っとるやないのよ。

 

あ。

 

まっすぐな壁に、

石をたくさん貼り付けたら、

ボルダリングになるな。

 

ってことは、

いろんな壁が自分の前に立ちはだかったら、

たくさんのポイントを作っておいて、

どこに進むか、足を置くか、手を伸ばすかを考えながら登ると、

とても楽しめるんじゃないだろうか。

  

それにしても、

来月のノルマという壁は高いし、

なかなか石が貼りつかないのである。