得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

そこに触れておく。こと

 

そこに触れておく

 

オーシャンズ13のはじめにマットデイモンが、ブラッドピットに対して、

前作に登場した彼女について尋ねるシーンがある。

 

「彼女はどうした?」

 

「関係無いね」

 

たった一言のやりとりなんだけど。

このやりとりがあるからこそ、そのあとのシーンで彼女は今作に関係の無い存在になる。

ということに、最近やっと気付いた。

 

というのも、ドラえもんのコミックを読んでたときに、

おなじようなシーンが登場したんです。

のび太が、その学力からは到底生まれない疑問をドラえもんにぶつける5コマ。

 

雲を固めることについて、読者が抱く違和感。

 

「その説明は長くなるからやめておこう」

 

「なるほど」

 

たった5コマで、その後ずっと付きまとうである疑問を吹き飛ばしてしまう。

本作とは一切関係ないことにしてしまう。

たった数秒のシーンに製作者の意図があって、すごく好き。

 

誰かと何かを話すときに、

引っかかってほしくないことは先に言う。

 

「そこに触れておく」という手法は、

コミュニケーションに欠かせないものだと気づきました。

 

中村 駿作さんの写真