得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

青春の楽しみ方は、何通りもあるさ。

 

 すこしだけ、特殊な高校生活をおくりました。

 学校の保健室、もしくは、クラスのはじっこにいることが多い高校生活でした。

 サボることもよくあって、家のリビングにいることも多かったです。

 

 学校にも行かず、家にも帰れない日には、

 駅前の漫画喫茶ドリームに夕方までいました。

 仲の良い友達と、そこでバッタリ会って、

 そこで会話しながら漫画を読んだりもしてました。

 個人でやっている小さな漫画喫茶だったので、

 店主のおばさんも何も関与せずにボーっとした時間を楽しんでました。

 夜にはサボりがばれて、親に説教を食らうのですが、

 気づいたらまた、漫画喫茶ドリームにいる高校生活でした。 

 

 文化祭の日には、友達が出ているバンドを見たら、

 囲碁将棋クラブの解放している場所で、

 なにをするでもなく友達と喋っていました。

 だから、囲碁将棋クラブにいることの多い高校生活でした。

 

 

 金曜日に、高校時代の友達と会った。

 休み時間に、大富豪をやっていた友達。

 すごく楽しかったなぁ。

 なんとなく、学生生活を辿るんだけど、

 修学旅行とか文化祭とか、夏休みとか普通の日とか。

 案外いろんなことをぼくはやっていたと思い出しました。

 

 

 真正面から青春に向かっていった日々ではなかったけど、

 それはそれで、すごく楽しかったなぁ。

 友達と話せば話すほど、いろんなことを思い出してきて、

 こんなに早い23時はひさしぶりでした。

 

 

 ぼくは、みんなの中でもとびきり陰気だったので、

 途中は学校に行かなくなったりしたけど、

 いまは卒業して、こうやっておなじ居酒屋にいる。

 

 ひとりでいた時間が長かったぶん、

 ろくな学生生活を過ごしてなかったと勝手に思っていたけど、

 なんだよ案外楽しい3年間だったじゃないかと気づいてしまった夜だった。

 

 

 球技大会の日に、ともだちと2人で映画館へ行った。

 アバターが公開されてすぐの頃で、

 どうしても3Dメガネをかけたいぼくらは学校に行かずに、

 平日の映画館のど真ん中にいた。

 

 その日、ふたりで呪文のように何回も唱えた言葉は、こうです。

 

 

 「ぼくたちが行っても、チームの戦力がさがるから

  そういう意味では、クラスの優勝に貢献している」

 

 

 

 2年ぶりに会った友達だった。

 今度はまた、すぐ会おうと思った。

 

 

 

f:id:heyheydodo:20170205082059j:plain