得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

タイ古式マッサージって、どう古式なんだろ。

 

 マッサージというものに行ったことがない。

 

 スーパー銭湯には頻繁に行くのですが、

 そこにあるマッサージコーナーには一度も入ったことがなくて。

 アカスリも一回もない。

 

 

 肩こりをするほど、パソコンに向かったりしていないし、

 体がバキバキになるほど、肉体労働をしているわけでもない。

 適度に体がしんどくて、精神的にしんどい仕事をしているので、

 なんとも、頑張りをアピールできない日々を過ごしている。

 

 

 なので、どんなマッサージがあって、どんな施術をされて、

 効果はどれぐらいあるのか、値段はいくらぐらいなのか、

 まったく分からない。

 

 先日、いつものようにスーパー銭湯に行った時、

 どうしても気になるマッサージを見つけてしまった。

 

 「タイ古式マッサージ

 

 古式ってなんだろう。

 タイ式マッサージがあるのだろうか、

 比べるとどこがオールドスタイルなんだろうか。

 なにか柔術とか、技名とかがあるのだろうか。

 そんなこんなで興味がグングン湧いてきてしまって、

 だけど、体はそんなにバキバキじゃないし、お値段もそこそこ。

 結局、お風呂のジェットバスの勢いだけで体を癒してきたわけです。

 

 帰ってきても、まだまだタイ古式マッサージへの興味はつきないので、

 タイ古式マッサージの歴史について調べてみた。

 

 なんとまぁ、タイ古式マッサージの創始者は、

 インドのシワカ・コマラパという人だそうで。

 タイなのに、インドなのです。

 そして、このシワカ・コマラパさんは、あの仏陀の主治医であったとのこと。

 精神の病を治すのが仏陀、身体の病を治すのがシワカ・コマラパであって、

 仏教の伝来と共に、タイへとその技が伝わったとされています。

 

「シワカコマラパ」の画像検索結果

 

 

 はじめて、施術を受けた時、仏陀はどんな気持ちだったのだろう。

 

 宇宙人が地球にやって来て、長旅を癒すために、

 施術を受けたらどんな気持ちになるんだろう。

 

 ぼくが、なんの知識もなく初めてタイ古式マッサージを受けたら、

 どんな気持ちになっただろう。

 

 

 気持ち良ければすべてよし。

 案外、結果オーライから生まれてたりして。

 痛いと、気持ちいいは、すごく近くにあったりして。

 

 気になって仕方ないのです。

 なんで、こんなに気になるかって、

 

 

 

 

 

 

 

f:id:heyheydodo:20170129105344j:plain

   

 

    おいてあった写真が、

 どうみても、格闘ゲームのトリッキーな何かにしか見えなかったからなのですが。