得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

タイムトラベルを、起こすのだ。銀行員に潜入。12マス目

 

 

 突然ですが、柴咲コウさんが好きです。

 どれくらい好きかって、

 出演していたハーゲンダッツのCMを、ずーっと眺める夜があるくらい好きです。

 NHKの大河ドラマ『おんな城主 直虎』だって、第一回を待ち望んでいたくらいだ。

 ちなみに、三谷幸喜さんも大好きなので、真田丸が終わるのも

 それはそれで寂しかったりするので複雑です。

 

 

 で、その『おんな城主 直虎』なのだけど、なかなか成長しない。

 今日こそは、今日こそは、って思ってテレビを見るけど、一向に成長しない。

 と言うのも、幼少時代で4話つづくため、

 なかなか柴咲コウさんをお目にかかれないのである。

 すべてを見ているわけではないので、出演済みかもしれないのだけど。

 

 

 幼少時代がこんなに長いドラマはめずらしいのじゃないだろうか。

 だいたいのドラマでは、再現シーンでちょっとだけ幼少時代が描かれるか、

 もしくは、長くもって1話ぐらいだろう。

 次の話からは、「20年後」というナレーションが入り、主演の登場である。

 きっと、演技をする子役さんたちが素晴らしいのだろう。

 画がもつ。充分、見ていられる。

 だからこそ、柴咲コウさんは温存され、堂々の登場をはたすのです。

 

 

 

 ぼくの、深い柴咲コウさんへの愛と、浅い大河ドラマの演出への考察はさておき。

 今日も明日も、銀行員に潜入しているわけで、その話を。

 

 

 

 

 寒すぎる毎日。

 海沿いの営業エリアを自転車でまわるのは、何らかの罰かと思うぐらい厳しい。

 きっと、ぼくの前世が犯した罪を、自転車にのって償っているのだろう。

 だからこそ、これ見よがしに「さむいわぁ~!」って海に向かって叫ぶ。

 これ見よがしと言いながら、周りに誰もいないか確認はするけど。

 

 

 アポイントをとっているお客様は、

 暖房がきいてたり、ストーブが置いている部屋へ招き入れてくれる。

 電気カーペットというのは、あれは銀行員のためにあると思う。

 お客様はソファ、ぼくは床という位置関係が多いので。

 あれは銀行員のためにあるのです。

 

 

 問題は、アポイントをとらずに営業に行った先のお客様だ。

 突然現れた、スーツの男に対する目線は、吹き付ける風のように冷たい。

 ドアを開けてくれたら良いほうです。

 それも、この寒さであっという間にドアは閉まる。

 「暖を…、暖をとらせてください」と、目で訴えかけるが、

 そんなのうまくはいかないことは、マッチ売りの少女で学習している。

 

 

 どうしようか。

 寒すぎるけど、コンビニに1日に3回も逃げ込めない。

 次の家、次の家へとピンポンを押して銀行員はまわる。

 まわりにまわって、ようやく。

 

 

 「とつぜんなに?まぁちょっと寒いから入りなさい」

 

 ホームアローンで、ケビンが駆け込んだ教会のように、

 ホームアローン2で、ケビンが駆け込んだカーネギー・ホールの天井裏のように、

 聖母のようなお客様に玄関へ招き入れてもらえたわけです。 

 ま、それだけで満足してしまうのが、ぼくのダメなところで、

 雑談をすこしして、結果も出ずに帰ることになるのですが。

 

 

 それから数日、

 もう一度あらためてアポイントをとって、そのお客様の家へ。

 定期預金だったり、運用商品の話をしようとするも、

 「あなたのせいで、楽しみな韓国ドラマがわけが分からなくなったわ」

 と会ってすぐ、笑いながらお客様に言われる。

 

 

 どういうことか一瞬わからなかったけど、頭の中で整理して答えを出しす。

 きっと、ぼくと話をしている間に、

 大切なシーンが進んでしまったんだ。

  二人が恋に落ちるシーンや、恋人が事故にあうシーン、

 はたまた犯人が判明するシーンが過ぎ去ってしまったんだろうと。

 

 どういうことか聞いてみた。

 

 

 

 

 「部屋にもどってテレビを観てたら、

  知らないオヤジと、オバサンが泣きながら抱き合ってたのよ。

  どうやら話をしている間に、40年も時が過ぎてて、

  あんなに可愛かった子どもが、一瞬でオヤジになってたわ」

 

 

 

 

 「あぁ…。どうやらぼくは、タイムスリップを起こしてしまったわけですねぇ。」

 

 

 …

 

 しばらくそのドラマの話で盛り上がって、

 ぼくはお客様から「タイムトラベルを起こす銀行員」として、

 すこしだけ気に入ってもらえたみたいです。

 

 

 

 みなさんは、『おんな城主 直虎』を観ているときに、

 銀行員が来たらくれぐれも注意するようにしてください。

 帰ってきたら、とつぜん数十年の時は流れているかもしれません。

 

 

 そう、彼らはタイムトラベルを起こす職業なのです。

 

 

 

 

 どんどん寒くなるなぁ。

 また、明日、寒いって叫ぼう。

 

 

 つづく。