得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

予防接種を打つ理由が、ふえた話。

 インフルエンザが流行っている。

 もちろん、手洗いうがいは欠かせない。

 予防接種にも行こうと思っているが、なんだかんだで未だ行けず。

 世間話の中で、お客様とその話題になった際に注意を受ける。

 

 「あなたがインフルエンザになってしまうと、

  あなたを家に入れた人みんなに病気をうつすことになるのよ。

  それは、責任を持って予防に徹する必要があるってことですよ。」

 

 心に、スッとその注意が入ってきた。

 きれいに。

 本と本の隙間に、落としたお札が吸い込まれるように入ってくみたいに。

 ぼくはいま、予防接種をしなかったことに怒られているわけじゃない。

 仕事に対する姿勢に対して、いま一度考える機会をもらってるんだって。

 

 毎日、たくさんの人と接する営業。

 とくに、銀行の営業は、一日にたくさんの年配の方と接する。

 家にあがって、顔を向け合って会話をする。

 そんな日常を過ごしているぼくは、絶対に気をつけないといけないはずだった。

 それは、自分のためでもあるが、何より周りの人のため。

 

 

 インフルエンザになったら身体がしんどいから、予防接種をする。

 試験勉強ができなくなったらダメだから、予防接種をする。

 楽しみにしてた旅行に絶対行きたいから、予防接種をする。

 

 

 

 投資商品の相場を読むことは本当に難しい。

 責任感を持って取り組んでるけど、自身はない。うまくいかない。

 だけど、プロであるために、考えることはもっとたくさんある。

 それをぼくは、インフルエンザの予防接種に学びました。