得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

「正解」を出すことについて。

 

 いつも、何が正解なのか分からなくなる。

 本を読んで学び、教育を受けて考えて、ひねり出した答えが、

 「結果がすべてやろ」という一言で終わることがたくさんある。

 

 たくさんの科目を毎日勉強して、

 テストをやって、点数をつけられる。

 赤点になったら、補習があって、正しい答えを教えられる。

 なぜ、あんなに必死に公式や人物名を教え込まれ、

 正解を出すことを求められたのか。

 なんでか、考えてた。

 

 

 正解を出すということは、「いいこと」を差し出すということだと思った。

 

 

 正しい知識を覚える生徒がすこしでも増えることが、

 先生にとって「いいこと」だったから、

 ぼくたちはたくさんのことを教えられたのじゃないだろうか。

 

 

 会社は、出された問題に対して、

 研修でのテストでは100点の答えを出しても褒めてはくれない。

 本を読んで、講師の言っていた方法論でまじめに仕事をしていても、

 結果が出ていないと指導をされて、補習が待っている。

 

 

 会社にとっての「いいこと」は、

 業績をあげて企業価値をあげることだから。

 

 上司にとっての「いいこと」は、今月の部署の成績を上げるだから。

 

 

 だからこそ、習ったことより、もっともっと頭を使わないといけない。

 今回がダメでも、次は「いいこと」を差し出さないといけない。

 社会に出て、正解を出すというのはそういうことなのだろうと思った。

 相手が「いいこと」と判断してようやく、

 自分の答えは正解になる。

 

 とても、生きづらい世の中だと思うかもしれないけど、

 そうじゃないとぼくは思う。

 

 相手にとって、何が「いいこと」か考えて答えを探す。

 それが、人生の楽しみであり、目的の1つなんじゃないかと思う。

 「いいこと」を差し出せば、時々、「いいこと」が舞い込んでくるから。

 

 打算的ともとれる生き方なのかなぁ。

 でも、「いいこと」をたくさん周りからもらうためには、

 自分も努力をする必要があるのじゃないかなぁ。

 

 

 こうやって考えていることすら、

 もしかしたら誰かにとって「わるいこと」なのかもしれないけれど。

 

 

 あぁ。

 体に「わるいこと」と思いながらポテチをつまんで、ボーっとしている。

 今日は、新聞を読んでないし、洗濯もしていない。

 でも、自分のことだから、ええかなぁ。