得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

うちのじいさんがうらやましい話。

 

 ぼくには祖父がふたりいまして。と言っても特殊な事情でもなんでもなくて。

 母の父である祖父と、父の父である祖父。

 となると、母の母である祖母と、父の母である祖母もいるわけです。

 今日は、そのうちの父の父である祖父の話です。

 

 80代になってから数年経っても、本当に元気なじいさん。

 おじいちゃんと呼ぶべきなのでしょうが、ぼくは父方の祖父を、

 じいさんと呼ぶのです。

 なぜ、じいちゃんと呼ばないのか考えてみました。

 たぶん、きっと、人生を本当に楽しんでいるから、キャラクターとして、

 「じいさん」というものになっているのだと思います。

 

 趣味はダンス。

 社交ダンスが大好き。

 ぼくが孫としてじいさんと関わって以来、

 いまもずっと土日はダンス。同じ年ぐらいの奥様方とダンスを踊ってます。

 バレンタインデーやクリスマスになると、いっぱいプレゼントを持って帰ってきて、

 「モテるんや。どうや!」って、ばあちゃんに自慢するのです。

 部屋にとじこもって、ダンスの自主練をしていたり、

 リビングで吉本新喜劇を観て、でっかい声で笑ったり。

 夜になったら、酒飲んでべろべろ。

 

 お風呂に行くときは、

 「ニューヨーク(入浴)へ行ってきます!」

 なんてことを言うわけです。

 あぁ、駄洒落に説明をつけないといけない恥ずかしさ、たまらない。

 ちなみに、うちのじいさんは無線も趣味でして、

 ばあちゃんのことを『エックスさん』と呼びます。

 無線用語でエックスは、女性を示す言葉だそうで、

 小さいころは混乱したのを覚えています。

 

 ほかにもいろんなことを楽しんでいるうちのじいさん。

 マジックも趣味のひとつ。

 60代でマジックをはじめて、いろんなホールでお披露目をしていて、

 母はアシスタントとして招集されたりしてました。

 鳩を持っとく手伝いをさせられたビデオは家族では鉄板です。

 なんとも言えない顔でステージにたつ母と、自信満々のじいさん。

 旦那の父の趣味に付き合わされる嫁。

 これが嫁ぐということみたいです。

 と、家族を巻き込んで、ちょっと迷惑でだいぶおもしろい趣味であるマジック。

 おもしろいって言っても、かなり馬鹿にした笑いかたをしていたのですが。

 先日、家に泊まりに行った時に一本とられたことがありました。

 

 仕事が終わって家へ行く。鍋があって、一緒にご飯を食べる。

 相変わらず陽気なじいさん。

 いつにもまして、陽気な気もする。

 

 

 「明日はなぁ、エックスさんのデイサービスでマジックを披露するんや」

 

 

 ばあちゃんの通っているデイサービスで、23日にクリスマスパーティがあるようで。

 趣味がマジックだと、ばあちゃんが言ったんでしょう。

 向こう側から、みなさんのために楽しいショーをお願いされたとのこと。

 なにをしようか、どんな衣装を着ようか、ワクワクしてるわけです。

 気になるのはやっぱりネタの内容。

 どんなやつをやるのか聞いたらですね、

 タンバリンをつかったマジックを披露するとのこと。

 昔からやっているやつで、鳩を出したりすることができるそうな。

 しかし、いまは鳩を家で飼っていない。どうするのか、何を出すのか尋ねてみた。

 

 

 「そんなもんなぁ。わしはタンバリンから何でも出せるんや」

 

 

 名言でした。

 ちょっとかっこいいと思ってしまいました。

 何でもは嘘だろうと思いながらも、出しそうな雰囲気を持っていました。

 そして何よりも、素敵やん!って凄く感じたのです。

 趣味でやっていたことで、たくさんの人のクリスマスを楽しいものにする。

 それを自分も本当にワクワクしながらやる。

 じいさん、かっこええやないか。

 

 次の日も、興味がわいたので泊まりに行きました。

 ばあちゃんに、タンバリンから何を出したか聞いたところ、

 「わすれた」と一言。

 認知症で、デイサービスに通う事になったうちのばあちゃんですが、

 この時だけはそれが原因じゃないと僕は思うのです。

 きっと、旦那のそういう姿をあんまり直視できない、

 照れみたいなものがあったのじゃないかと。そんな受け答えだったのです。

 

 

 大盛況だったと、嬉しそうに語りながら、

 じいさんはニューヨーク(入浴)へ旅立ちました。

 人を好きなことでしあわせにできる、しあわせ。

 ぼくも、そんなものが欲しくなっちゃいました。

 すこし、じいさんが羨ましかった話です。

 

 大好きなマギー司郎さんの言葉にこんなものがあります。

 

 

 早咲きの者もいれば、遅咲きの者もいる。

 もしかしたら、ずっと咲かないものだっているだろう。

 でも、それでもいいじゃない。

 皆が綺麗に咲くわけじゃない。

 中には咲かない花があっても、

 それもまた花なんだから。

 

 

 80代になっても、人間はあんなに楽しそうなら、

 ゆっくり生きるのも悪くないなと思うわけでした。