得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

I LIKE YOU. の日本語訳って。

 

 「 月がきれいですね」

 

 夏目漱石は、I Love You をこう訳した。

 有名な話ですね。ご存知な方には、ごめんなさい。

 でも、知らなかった方には、ちょっと洒落た情報です。

 

 ぼくが訳したと言えたら、超がつくほどにかっこいいのですが。

 

 

 

 では、 I Like You を訳してみます。

 ぼくは、こうかなって思うのです。

 

 「今宵のホームアローンも、最高でしたね」

 

 

 

 

 12月3日、午前1時30分~3時20分

 地上波で、ホームアローン2が放送されていました。

 クリスマスの季節を舞台に繰り広げられる、

 少年と泥棒のたたかいが描かれる映画。

 

 大好きなんです。

 

 戦争映画や、西部劇が好きなじいちゃんから、

 面白い映画があるって買ってもらって15年程たちますが、

 いまだにTUTAYAで探す毎年です。

 

 

 放送がおわって、10分。

 いま、心にあるしあわせを書き残したくて、いまです。

 いまいまです。

 

 

 コメディであり、ハートフルである。

 だれもが、少年の心をくすぐられると思うのは僕だけなのでしょうか。

 厳格なうちのじいちゃんでさえ、面白いと孫に薦める映画だったということは、

 ワクワクか、ほっこりか、どちらかが必ずひっかかるお話のような気がします。

 

 

 おもちゃや、家にある物で、ピンチを乗り越える。

 そんなアイデアで、泥棒とたたかうのかって思うような仕掛け。

 クリスマスで活気ずく街並みに、一人でいるようでそうじゃないあったかさ。

 

 

 そして、最後にすべてを持っていく、イジワルな兄貴のちょっといいとこ。

 

 

 

 

 観終わったあとの、ぼくの感想は、

 はらたつ~でした。

 いや、ほんと毎回面白いことに対して、はらたつ~なのです。

 

 何度見ても面白いし、見れば見るほど面白い。

 

 1つ1つのシーンが、ぜ~んぶ物語のクライマックスにつなっがってて、

 イケイケ!やったれ!とか、

 いっぽんとられたぁ、くぅ~って笑顔になる映画が出来上がる。

 

 

 

 この映画を、面白いという人がぼくは好きだ。

 もっと言うと、

 眠い目をこすってでも、

 夜中の1時半まで起きてホームアローン2を観て、

 

 「あぁ~面白かった~、ほんとう、いい映画やなぁ~」

 

 って、鑑賞に浸って寝れてない人が大好きだ。

 

 

 

 そういう意味で、ぼくが訳する  I Like Youは、

 

 「今宵のホームアローンも、最高でしたね」

 

 になるわけです。

 

 

 

 クリスマスが近いです。

 寒いので厚着をして、ホームアローンを借りに行きましょう。

 1~5までありますよ。けっこう満たされますねぇ。

 

 

 そんなぼくは、家でアローンでこうやって日記を書いています。

 

 

 さぁ、not aloneで、ホームアローンを。