得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

たべざかり

 

 衣替え、全国ではじまる。

 あまり、ファッションへの興味関心は深くない。

 季節が変わるたびに、どこかへ閉まった服を引っぱりだして、

 その数か月を過ごすワケです。

 

 で、季節も冬へ近づき、あったかい物がほしくなる気温。

 

 自販機で買うものは、

 ポカリスエットから、コーンポタージュに。

 

 晩ごはんは、

 つめたいうどんから、あったかいそばになる。

 もちろん、

 つめたいそばから、あったかいうどんにもなる。

 

 朝起きて、もれる言葉は、

 相変わらず「しんどいぃ」なのは変わらないけれど。

 

 空に打ち上がる花火をながめていた目は、

 街で光るイルミネーションに向けられる。

 

 

 

 そして、ぼくも今日タンスの引き出しを開けたわけです。

 

 「たしか、去年買ったニットがあったはずだ!」

 

 みつけて、ひっぱり出す。

 

 ?

 

 指が、とおる。

 指が、ニットの外側から中に入る。

 そんな穴が3つ4つ。

 

 

 

 むしくい

 

 それは、はじめての経験。

 いままで、自分の服が虫に食われたことなんて一回もなかった。

 それが、去年すこしばかり、高い服を買ってタンスに入れた途端、

 穴が3つ4つ。

 

 

 そりゃそうだ。

 

 考えてみりゃ当然だ。

 

 虫からすると、やっすい服しか入ってこない家に、

 突然現れたご馳走だ。

 

 

 食べ盛りの年頃、

 家に帰ってきて、リビングにピザが並んでいたら、ぼくは我慢できただろうか。

 

 虫もそうなんだろう。

 

 せめるつもりは全然ない。

 おいしくいただいてもらえたのなら、それも受け入れよう。

 

 

 

 

 母は、ぼくの目の届かないところに、

 もらってきたお菓子を隠した。

 

 これからは、良い服を買ったら、

 ハンガーにかけて見えるところにかけよう。

 

 で、タンスの虫の目が届かない場所に置いとこう。

 

 

 

 

 

 ・・・ゴン買おう。