得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

テーマについて。

 

 好きな物を分解することに、はまっている。

 

 好きな歌手は、なぜあんなにも心に残る歌詞を書くのか。

 好きな作家は、なぜあんなにもワクワクする話を書けるのか。

 

 分解だ。なぜ、なぜ、なぜ。

 なぜのスパナを持って、どうしてのドライバーを握って、

 好きな物をどんどん分解している。

 

 

 嫉妬できる程、心を魅かれる人を分解すると、

 自分がどういうことに反応するのかが少しだけ分かる。

 気がする。

 

 

 タダで、CDを買わんぞ。

 タダで、本を買わんぞ。

 

 あなた達の、良いところから学ばせてもらうぞ。

 

 そうやって分解していくと、

 組み立て方も分かってくる。

 

 

 でも、それだけじゃ足りない。

 

 分解して、組み立てたって、そのままでしかない。

 制作者はその人で、再現者は僕だ。

 

 ぼくは、制作者になりたい。

 

 

 だからこそ、分解して、中身を知って、

 すこしだけ影響を受けて、

 新しい何かを探している。

 

 

 

 言葉に出して、声に出して、

 逃げ道をなくす。

 

 

 失敗しても、いつものように、

 頭をかきながらデヘヘって言う。

 

 

 人生のテーマだ。

 

 

 恥ずかしいことを、受け入れる。

 

 かっこ悪いことを、受け入れる。

 

 

 

 このテーマも、

 分解したときに、見つかった大切なパーツなのです。