得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

人には、不思議な力があるのだ。

 

   おじさんが、今年亡くなりました。

   お酒に負けてしまったおじさんでした。

   死因は、心不全

   

 

   ぼくにとって、いろんな世界を教えてくれた人でした。

 

 

   頭のいい人でした。


   親戚の集まりでも、どこかみんなとは違う。


   話すことも、ウイットに富んでいて、

   どこかひねくれてるぼくを、いつも笑わせてくれました。

 

   力の抜いた笑いは、おじさんを見て覚えました。

   

  あんな大人になれたらな。



 

   話は変わりますが、こち亀が終わります。

 


 「こちら葛飾区亀有公園前派出所

 


   みんな、もちろん知ってますよね。

   黒いつながり眉毛の警察官。  

   ぼくの大好きな、漫画の中の人でした。


   いつも、「わしに任せとけ」なんてことを言ってる気がして。

   根拠はないけど、頼ってみようって思えてしまって。

 


   両さんを、ぼくは尊敬しています。

 


   本田巡査(バイクに乗ると性格が変わる)が、

   叶わない恋をしてしまい落ち込む話があります。


   ぼくは、その話がすごい好きなんです。


   

   だいたい、こんな感じのことを言うんです。


------

   

    

   月は遠くから見るのが美しい。

   わしなんか、何度アポロになったことか。

   


------ 



   そっと、本田を元気づける両さんが大好きになった話です。

   たしか、20巻ぐらいのとこですねぇ。



   ぼくも、こんな大人になりたいと本当に思います。


   「社会なんて大したことないぞ!」って、いつも言い切ってくれるのが、こち亀でした。


   だからこそ、今もぼくは、次は何して遊ぼうかって考え続けることができます。


   流石に、あんなに怒られて毎日働けませんが。





   こち亀に、出会ったきっかけを。

   

   ある人に、漫画を借りたことがきっかけなんですが。

   それが最初に書いた、おじさんなのです。



   たまに、家に遊びに行くたびに、本棚にズラリと並んだ単行本を借りて帰る。



   蓄えられる、ぼくのサブカルチャー

   そして、すこしのエロ。

   のめり込みました。こち亀に。





   おじさんと、最後の別れの時間。 


   棺桶の足の辺りに、そっと漫画を忍ばせました。


   手元には、息子や娘からの手紙や、本。

   だから、ぼくは足元に。




   借りっぱなしのこち亀を返しました。


   一話完結だし、天国に持っていくにはちょうど良かったと思います。


   飽きても、しばらくしたらまた読んでしまう。


   そんな魅力がある作品だから。




   ぼくのトイレのお供は、いつもこち亀




   

   運命って、あるのかなぁ。




   おじさんが亡くなった年に、こち亀は連載を終了します。


   これだけ、国民に愛された作品です。


   こんなケース、たくさんあるんだと思います。


   だけど、気づいた瞬間に身震いがおきました。

   

  これは、何かの運命なんじゃないかなって。 


   何なのかは、分かりませんが。

   でも、一生忘れない一年になりそうです。



   おじさんが、すこしうらやましい。

   こち亀の終わりを見なくてすむから。

   だから、悔しいから、お供えしようと思ってます。




   もうひとつ、ありまして。



   おじさんは、熱烈な広島カープのファンでした 。

   そのカープは、今年25年ぶりの優勝が目前にまで来ています。

   亡くなるちょっと前も、試合を観に行ったりしてたそうです。

   ちなみに、ぼくもカープファンです。だから、全力で応援します。


   


   おじさんは、お酒に負けてしまう、

   すこし心の弱い人だったのかもしれません。




   だけど、きっと




   

   好きなものに愛される人だったんだと思います。


  

   そんな生き方も、あるんだと学びました。