得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

ホッチャラ行きにしてやろう。【ショートショート】

 

 

 彼らは悩んでいた。そして、苦しんでいた。

 すこし表現が複雑ではあるが、苦しませることを考えることに、苦しんでいた。

 

 

 「では、一体どういうものをヤツらは苦しむのだ」

 

 「それが、いまだに、よく分からないのです」

 

 

 なぜ、このような悩みに彼らは直面したのだろう。

 それは、いわゆる周りが嫌がる仕事をなすりつけられたからだ。

 生物を苦しませること、罰を与える仕事は後味が悪いからだ。

 また、仮に殺すに至っても、苦しませないといけないからだ。

 

 その絶妙なところを探すために、会議は毎日続いていた。

 誰かが言った。

 

 

 「資料を見ててもラチがあかない。外に出よう」

 

 

 これまで彼らが外へ出なかったわけは、よく分かる。

 見知らぬ星での調査は、怖いからだ。恐ろしいからだ。

 

 渡された資料をのぞき見してみたところ、危険情報にはこう書かれている。

 

 

 『時折、ミサイルが発射されている』

 『われわれの星に、移住する計画を練っているものがいる』

 『全員が、歩きながら小型の機械を操作し、おなじ場所に集結する』

 

 

 これだけ聞いて、調査に出かけないのに十分な情報だろう。 

 しかし、期限は迫っていた。

 

 

 「もし仮に見つかったりしたら、解剖されてホッチャラ行きだ。

  彼らの言葉でだと、地獄行きだ」

 

 

 「でも、仕方ない。この仕事を成し遂げないと報酬は貰えないのだから」

 

 

 会議の最後に、くじ引きが行われた。

 そして、一人の調査員が決まったのだ。

 与えられた任務は、地球人を悶絶させ、苦しませる罰を探し出すこと。

 

 

 そして、数日が経ち、ひとつの罰を見つけ出してきたのだ。

 会議室に戻ってきた調査員の顔は晴れやかだった。

 そして、プレゼンテーションが行われた。

 

 

 ・地球人は必ず、声を出して悶絶すること。一瞬ですること。

 ・彼らの中で、“地獄”という表現がされていること。

 ・史実としても、拷問として利用されていること。。

 

 

 これしかない。もう、これほどのものはない。

 罰が決まった。ようやく決まったのだ。

 

 

 長い会議は終わった。

 そして、罰を執行することで、この仕事も終わりを迎える。

 

 彼らは、満足げな顔を浮かべて、自分たちの星へと帰っていった。

 

 

 

 

 

 

 

 ここは、とある星。

 

 不時着した、地球から来た宇宙船がひとつ。

 パイロットの二人は、服をはぎ取られて並ばされている。

 そして、その前には池のような大きな容器。

 なかには、たっぷりの水分。

 

 

 「お前たちは、我々の星へ不法に侵入した。

  これから、罰を与える。それに耐え抜いたならば、生かして星へ帰してやろう。

  ただし、もし死んだのならば、それはそこまでの運命だったと思うがいい」

 

 

 執行人が、地球人たちに向けて話をした。

 しかし、彼らに伝わっているのかは分からない。言語が違うから。

 まぁ、どこの星も形式にこだわるのだろう。

 

 

 そして、裸の地球人は、その容器に無理やり入れられた。

 

 

 

 

 「うぅ~~~~~~~~~~」

 

 

 「あぁ~~~~~~~~~~」

 

 

 

 「ぐぁぁ~~~~~~~~~」

 

 

 

 「くぅ~~~~~~~~~~」

 

 

 

 辺りに、言葉にもならない声が響き渡る。

 大成功だと、罰を考え出した彼らは喜んだ。

 

 

 

 

 

 そこから、数時間後の話ではあるが、

 宇宙船に乗って、地球人は喜んで帰って行った。

 

 全く、苦しんだ表情もしなかった。

 悶絶したのは最初の数分。そこからは笑顔まで見せるぐらいだった。

 

 

 

 「なんと、我慢強いやつらなんだろう。相当の訓練を積んだに違いない」

 

 呆気にとられながら、約束した以上、彼らは地球人を外へ送り出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地球人のパイロットたちが、レポートを書いている。

 

 

 『温泉に入れてくれる星を発見した

  湯加減もちょうどよく、長い宇宙の旅にはピッタリである』

 



f:id:heyheydodo:20160828100630p:plain


f:id:heyheydodo:20160828100656j:plain