得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

犬は、どんな棒に当たるの。【ことわ・ざ】

ことわざが好きです。

漢字で書くと、諺。

小学生の時から、国語の授業で習ってきたもので、教訓や風刺などをみじかい例えで表現された言葉。

 

 

「あいつの今回の件は、まさに、〇〇の〇〇だな」

というように、会話にも出てくるものが多くあります。

 

 

 

ことわざエッセイというのを、はじめてみようと思います。

正しいことわざの意味を整理してみる。

いまで言うなら、どんな表現ができるかを考えてみる。

そんなシリーズをやってみます。勉強になるかは分かりませんが。

なにかの、息抜きになれたら幸せです。

 

 

今日、扱うことわざはこちら。

 

 

 

 

f:id:heyheydodo:20160818223203p:plain 

 

 

 

 

さてはて、ことわざの代表格のようなこの言葉。意味を知っている人はどれだけいるのでしょうか。良い意味で使うのだろうか、悪い意味で使うのだろうか。

 

どっちだと思いますか。辞典を調べました。ちゃんと調べました。

 

 

どういう場面で使うべきなのかは、犬が棒に当たる理由によるそうな。

ぼくは、犬が棒に当たる理由は、前方不注意だと思ってたんですね。

 

 

 

 

f:id:heyheydodo:20160818223256j:plain

 

 

 

飼い主と散歩中に、ご近所のアイドルであるメープルちゃんに見とれる。前にある電柱に気付かず、激突。みたいなことかなって。

 

 

だから、意味は、こうだと解釈していたんです。

 

『物事の成功・失敗は得意、不得意よりも、一時的な理由である』

 

なんてことなんじゃないのかなって。

 

 

 

違いました。ぜんぜん。違った。

おはずかしい。

調べてみたところ、棒に当たる理由はこうです。

 

 

「犬が外を歩いていたら、人に棒で叩かれる可能性がある」

 

 

人に棒で叩かれる可能性がある。あるんです0%とは言えないから、否定もできないのですなぁ。

 

でも、いまの世の中そんなことしたら、その人が叩かれますよね。恐らく、野犬がいた時代とかは人間と犬はもう少し、生物と生物の争いがあったからだと思います。

 

 

 

 

 

f:id:heyheydodo:20160818223420j:plain

 

 

 

 

 

ちょいと受け入れづらい理由ですよね。そもそも、棒ってなんだ。木の棒なのかな、鉄パイプかな。鉄パイプ持って歩いてる人なんて、見たことないな。

 

そういえば、男の人ってなんで木の棒が好きなんだろうな。気になるけど、気になるけど、これはまた今度にしとこ。そうしよう。ね。

 

 

 

話を戻すと、人に叩かれる恐れがあるという理由から、「犬も歩けば棒に当たる」には、

 

・でしゃばると思わぬ災難にあうことがある

という意味があるそうです。

 

 

からしたら、やってられませんよねぇ。ふざけんなよって。

 

 

 

 

ご安心ください。全国の愛犬家のみなさん。

そして愛されている犬のみなさん現在、もう1つの意味が、この言葉には追加されています。

 

 

・じっとしていないで、動いてみれば幸運に出会うことがある

という意味です。

 

 

“当たる”という表現が、ラッキーという印象を含んでいることから、このような良い意味が生まれたのです。

 

 

 

 

f:id:heyheydodo:20160818223516j:plain

 

 

 

 

かくして、言葉の中のわんちゃんは、棒に叩かれることが無くなったわけです。

 

 

 

 

木の棒、電柱、鉄パイプ・・・世の中には、もっとたくさんの棒があるけど、もしかしたら、棒っていうのはガリガリ君の当たり棒なのかもしれませんねぇ。

それだったら、すんなり理解できるなぁ。

 

 

 

ちなみに、歩きスマホををしていたら電柱にぶつかったよって人がいたら、それは悪い意味での“棒に当たる”だと思いますよ。

 

 

お気をつけて、楽しみましょう。

 

 

 

 

【犬も歩けば棒に当たる】

意味

・でしゃばると思わぬ災難にあうということの例え

・じっとしていないで、何でもやってみればラッキーに出くわすことの例え