得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

銀行員に潜入。8マス目



今日は、山の日。

しっかり仕事にはいきません。

休みの日は、しっかり休みます。

その代わり、銀行員は年末30日まで仕事です。


世間が、1年のクライマックスへ向かう中で、自転車乗って走り回ります。

そう考えたら、ピザの宅配をされてる方とかは凄いなぁって思います。




誰ひとり働かない日はない。


なんてね。



さてはて、お客様の家を訪問すると、

いろんな食べ物や飲み物をいただきます。


かならず、ホットコーヒーを出される人。

かならず、みたらし団子を出される人。

かならず、きな粉たっぷりわらび餅を出される人。


ぜんぶ同じお客様なのですが。


夏に、ホットコーヒー。

これは、なかなかにきびしい。

汗をしたたらせながら、ホットコーヒー。

これは、ほんとにきびしい。


それでも、話を聞いてもらえるだけありがたいので、毎度、完飲完食です。







いつも、暑い。

つまり、いつも汗だく。

お客様に心配されるぐらい。


「大丈夫です。汗かきなので。へへへ」

って、おどけるのですが倒れる寸前。


ある日の帰り際に、


「これを持っていきなさい」


と渡された小さな箱。

開けたらハンカチが一枚。

使ってなかったどこかで貰った粗品だそう。


たしかに、ポカリもお手上げの水分を、全身から出してるからなぁ。

ありがたやぁ。



「ハンカチ持って行きなさい」


久しぶりに言われたなぁ。


(ちゃんと、いつも持ち歩いてます)








また、別の日。


裁縫が趣味のお客様の家へ。

細かい作業がすごく楽しい様子。

90歳を過ぎてもすごくすごく元気。


今も、絵の教室に通っているそう。


趣味を楽しむこと、人と会うこと。

これがいちばんの健康法なのだろう。


作った作品をたくさん見せられる。

いや、見せてもらう。

うん、見せてもらう。



ご主人との出会いから、

ひ孫が産まれるまでの人生。

3周ほど、お聞きしました。



さすがに、帰らないといけない。

お礼を告げて、席を立つ。



「これを持っていきなさい」

って、渡されました。


お客様が、

趣味の裁縫で作ったティッシュケース。

余った布を利用したようで、

これがなかなかお洒落でいい。


印鑑を汚さないように、

ポケットティッシュは必需品。

ありがたい。



ティッシュ持っていきなさい」


久しぶりに言われたなぁ。





いつぶりだろう。

きっと、小学校の遠足ぶりだろうなぁ。




24歳、銀行員。

ハンカチとティッシュを鞄にいれて、

明日も外を走ります。





つづく。





f:id:heyheydodo:20160811090040j:plain








今日は、家でドラマを観てます。



あぁ。


オリンピックは、

いちばん面白いドラマだと思う。


ワイドショーで選手のドラマを知るのは、

なんかちょっと違うと思うから、

ちゃんと調べるようにしてます。


おすすめです。