得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

ヨーグルトは、白いオバケだ。

その乳製品は、特徴がつかめない。


人それぞれの、言葉で姿を現す。

まるで、目撃証言のあいまいな未確認の何か。


トロトロ、ホワホワという言葉が似合う。

そうかと思えば、スプーンにはグサッと刺さる感覚もある。


最近は、飲料としてのヨーグルトまで現れた。これは、ゴクゴク。


大きさも、かたちも自由自在。

どんな場所にもご一緒に。


 

食べ方もつかめない。

スプーンが白い表面をすくいとる。

お砂糖をすこし上にパラっと。

口にいれると、酸味のあとに甘みが追いかける。

それだけで清々しいモーニング。

 

こんな食べかたはいかが。

すこし凍ったバナナに、冷たいヨーグルトをかけていただく。

口の中がさっぱりと。

辛いカレーなんかを食べたあとにいただくと最高のデザート。

 

気持ちのいい朝を連想すると、思い出すもの。

香辛料を味わった舌が、次に求めるもの。


考え出したら、きりがない。

 

かたちも、たべかたも決まりごとがない。

もしかしたら、ヨーグルトは、

すべての人の生活によりそえる食べ物なのかもしれないね。



爽やかなのか、すこし濃いのか。

よくわからない。というか制限がない。


酸味というのは、人それぞれ捉え方が違う。

刺激的なのか、爽快感なのか、薄味なのか。

そのすべてに、化けることができる白いおばけ。

それが、ヨーグルトなんだね。