得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

あさりは湯加減に厳しい。

 

海の日ですねぇ。暑さも、海の日にふさわしい。

太陽もお元気でした。

 

最近は、夏バテ気味でして、コンビニの麺類を食べる毎日が続いています。

あとは、スイカバーを帰り道にかじるだけで満足です。

 

みなさんの胃袋は、お元気でしょうか。

 

 

今日は海の日

すこしだけ、海の力で元気になりましょう。

別に、泳ぐとかではありません。釣りをするとかでもありません。

 

 

 

あさりの味噌汁を飲むんです。

 

 

f:id:heyheydodo:20160718194744j:plain

 

めんどくさくありません。コンビニで売っているインスタントも最近はおいしい。

お湯を沸かすだけ。

 

 

カップをあけて、あさりを真空パックから出す。

味噌をしぼって、お湯を注ぐ。

 

 

大切なのは、あさりの浸かるお風呂の湯加減。

ぬるいとダメですよ。おいしい出汁をしっかり差し伸べてはくれません。

 

熱いお湯を、注ぎ込むんです。

 

あさりは厳格な親父とおなじで、頑固者です。

普段は、ぜんぜん心を開いてくれません。

だけど、熱いお湯を注ぎ、食べたい気持ちをすこしだけ我慢する。

味噌という、温泉の素をしっかりかき混ぜてあげる。

 

 

満足いったら、おいしい出汁をぼくたちに分けてくれますよ。

 

 

一度、心を開いてくれたら、あとは食べる人の自由です。

熱いのが苦手な人は、冷まして飲んでも美味しいです。

冷たいあさりの味噌汁は、夏の夜によく合います。

 

 

大切なのは、あさりが入る一番風呂に手をぬかないこと。

それだけ気をつけさえいけば、

「じんわり」と胃袋にやさしい時間が訪れます。

 

 

こうなると、

しじみはどうしたらいいのか?という疑問が浮かんでくると思います。

 

 

しじみはどうなんでしょう。

・・

・・・そこは、口を閉ざしておきましょう。

 

 

 

ぼくも、暑い日に熱いお風呂にとびこんでくるとしますか。