得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

人はなぜ、お金を払って温泉に浸かるんだろう。


銭湯に行くのが大好きだ。

スーパー銭湯に行くのも大好きだ。

ついでに、温泉旅行も。



お風呂って不思議だ。


たとえ、1日何にもしてなくても浸かった瞬間、

「疲れたぁ〜」って人は叫ぶ。


言葉にならない唸り声をあげる。


元気な休日でも、

なぜか身体が回復してる気がしてくる。




僕たちは、週休2日で働いている。

週休1日や、不定休の人もいる。



休みの日に、

どうしてお金を払ってお風呂に浸かりに行くんだろう。



その理由は、

「疲れてる自分をしっかり思い出すため」

だと僕は思う。



無理やり言い聞かせて、

1週間を乗り切ったあなた。

頑張ることが当たり前になってきたあなた。



身体の中から思わず漏れる、

疲労の声をじぶんで聞く。



当たり前のように毎週仕事をして、

ようやく辿り着いた休日を過ごしている自分に、「おつかれさん」と思ってあげれる。



すごく、自分を肯定できる空間。

それが、銭湯。



友達と行けば、それはそれですごくいい。

みんな疲れてるってことを共有できる。



裸で慰めあえる。



…すこし、表現がよくないかも。



裸で褒めあえる。



…違うなぁ。



そっか、“裸で”が要らないんだ。



ネクタイも、クールビズも、

社員証も、ノー残業デーも関係ない。

スマホは鍵付きロッカーのなか。

見たくても見れないもんね。



無敵の時間だと思います。




今、僕はスーパー銭湯からの帰り道。

川沿いを歩いています。

散々、自分の疲れを認識し、おつかれを伝えました。


お風呂上がりに、

外を歩く気持ちよさも銭湯の魅力。



しかし、すこし家まで遠い。

まだまだ歩かないといけない。


今日は涼しめとはいえ、夏。

じんわりと汗をかく。


疲れたなぁ。


明日も、行こっかなぁ。銭湯に。


f:id:heyheydodo:20160715234324j:plain