得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

自分のお葬式計画。


ぼくの趣味というか、悪趣味というか、

よくわからないクセなのか。


自分のお葬式は、どんな会にしようか考えることがあるんです。


誕生日会や、結婚式よりも、

いちばん自分が主役になる舞台。

それがお葬式かなって。


もちろん、悲しい別れはしたくない。


だからこそ、もし自分が病室とかで死の淵に立ったときは、

お葬式を企画することに残りの人生を捧げたい。




まず、

【お焼香のあげかた】

というマニュアルを作ろうと思う。


それぞれのやり方がありすぎる。

お焼香を、おかわりする人もいる。


だから、ぼくは、

「おかわり自由。気のすむまで!」

って書きたい。

そして、生前のぼくへの、愚痴の数だけお焼香をあげてもらう。


ちゃんと、上のほうで聞いておくために。





次に、

香典返しだが、これも人それぞれ変えたい。

いくつかパターンを作りたい。

【選べる香典返し】にしたい。


ギフトのように、パンフレットから選んでもらう。


今、話題になってる商品や、長く使ってもらえる道具まで、

好きなものを持ってもらいたい。


最後のぼくのお返しにしたい。

そしたら、香典の額も決めてしまって、

相手に無理してもらわなくてすむ。




そして、

別れの曲だが、これは誰かに歌ってもらいたい。

ぼくの友達はみんなカラオケが好きだから、

好きな曲を歌ってもらいたい。


【さよならライブ、アンコールはあの世で】だ。


部屋の端っこに、ぼくの棺桶はそっちのけにしてもらう。

そのかわり、真ん中の席は空けといてもらう。





葬式が終わったら、みんなでご飯に行くのでしょう。

ぼくは、お寿司が好きだけど、

そうじゃない人もいるからなぁ。


お金があったら、

回転寿司屋のレーンぐらいを貸し切って、

寿司以外のものも流したい。


生魚が食べられない人たちのことも、

考えてあげたいからね。





喫煙所には、

煙草を吸いにくるだろう人へのメッセージを置いておこう。


誰が吸いにくるか予想して、

メッセージを置くのも楽しそうだ。


その隣には、

コーヒーシガレットを置いたお子様の遊び場を作ろう。

子供の時に、お葬式とかで大人がしみじみと煙草を吸ってる姿に憧れたから。








あとは、生前のうちにメッセージみたいなものを、やっぱり残したい。


詩がいいなぁ。

くさいやつ。

その日ぐらいしか、一般人のぼくの詩に、

人が耳を傾ける時間なんてない。


死後に有名になる物書きは、たくさんいた。


だけど、死にたてで、有名になる物書きは、まだいないだろう。




ーーーーーーーーー



なまけた態度をみせたのは、

楽になっててほしいから。


ごはんを食べるのがおそいのは、

あなたともっといたいから。


ほんとは強いのを隠すのは、

みんなと一緒にいたいから。



きっと、ナマケモノってそんな生き物。


つぎは、ナマケモノに生まれ変わります。


どこかのジャングルで会いましょう。


f:id:heyheydodo:20160704100803j:plain


ーーーーーーーーー




だめだ、今のぼくには、

こんなワケの分からない詩しか書けない。



もっと、いろんな経験をして、

死ぬ前にグッドな詩を書けるようになろう。