得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

銀行員に潜入中。4マス目。

f:id:heyheydodo:20160701185926j:plain

 

いやはや、暑い。

とにかく、暑い。

 

潜入するのも楽じゃない。

汗の量は増えるばかり。

 

 

今週も、ちょいとしたお話を。

 

 

お客さんとお話をする時に、

楽しみにしていることがある。

それは、お勤めだった時の話を聞くこと。

 

いろんな人がいます。

ぼくの知らない世界にも、潜入できます。

 

様々な会社の人がいます。

中には、同業のお仕事をされてた人も。

 

あとは、

その地域で、ずっと商売をされていた人も。

 

 

色んなことを質問するんですが、

専門的な知識や、こだわりを教えてくれる。

どの話も、ぼくが知らない世界だから面白い。

 

 

あるお客さん宅での話。

いつものように、お力を貸してくれる人が。

ほんとに感謝。

 

 

いつものように、

ご主人の職業のお話をする。

 

「ご主人は、どんなお仕事されてはったんですか?」

 

「あぁ、ぼくは自営をやってたのよ」

 

おっ、商店か何かだなぁ。

どんな商売やったんだろぅ。

気になる。すごく気になる。

 

 

「へぇ〜。そうなんですか。この地域でずっとですか?」

 

「いや、香川県でずっと居てねぇ」

 

 

 

……香川県で、自営業。

反射的に、頭の中には白いうどん。

 

香川には、よく遊びに行くので思わず嬉しくなる。

うどん屋さんにも聞きたいことがたくさんある。

 

たとえば、

 

そばアレルギーのうどん屋さんっているんですか?

とか、

 

どん兵衛は好きですか?

とか。

 

聞きたい、知りたい。

 

 

香川県でご商売されてたんですねぇ。もしかして、うどん屋さんですか?」

 

「はい?どういうこと?」

 

「え?」

 

 

 

頭が真っ白になる。

うどんぐらい白くなる。

 

………もしかして、そば屋だったのか。

そんな結論に至る。

 

 

「いやぁ、香川県で自営業だったので、うどん屋さんだったりするのかなって」

 

 

……

 

………

 

…………

 

笑いながら訂正される。

 

 

ご主人のお仕事は、

自営じゃなくて、自衛でした。

 

でへへ。

 

 

そのあとは、たくさん興味深い話を聞きました。

 

 

 

今週も、お疲れ様でした。

 

いやぁ、来週も暑そうだなぁ。

 

 

つづく。