得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

僕は、銀行員になりたくない。


 

 

 

今も昔も、お金に人は引き寄せられる。

子供だってそう。

 

 

全問正解したら100万円!

クラッチくじ1等100万円!

 

そんな夢のようなイベントや、チャンスに、

僕は目を光らせていた。

 

 

銀行員になって、

お金の感覚がおかしくなりそうになる時がある。

 

世の中には、たくさんのお金持ちがいるし、そうではない人もいる。

その、いろんな人たちと会話をして、

したくもないお金の話をせねばならない。

 

もちろん、見たことない額のお金を運ぶこともある。

1億円とかね。

 

 

表記が狂わせてくる。

銀行では、100万円を、

1,000,000 とは書かない。

他の会社もそうなのかもしれないけれど、

1Mと書くのだ。

 

※ M=million【百万】の略です

 

計数上は全て100万円単位での数字が書かれる。

つまり、100万円の定期預金をしてもらっても、

運用商品を買ってもらって、数字だと

たったの 1 なのである。

 

 

おかしい。

 

僕みたいな下っ端の庶民からしたら、

10万円でも大金だ。

 

10万円は、0.1Mである。。

計数上にも、あがりもしない。

 

つまり、お客さんがもし、

10万円を預けてくれたとしても、

そのお金は計数上には現れない。

 

1万円のステーキを買ってもらうわけじゃない。

ATMのある時代、お客さんにはそこまでして僕に預けるメリットもない。



 

僕のことを信頼してくれて、

お金を預けてくれても、それは仕事の結果に出ないのだ。

なぜなら、1としてカウントする100万円にも足りてないから。




 

 

ずっと心がけていることがある。

 

「1円をもっと大切にしよう」

 

別に、銀行の数字が合わなかったら、

家に帰れないからではない。

 

お金の価値を、

仕事にあわせて考えていると、

100万円も預けてくれたお客様に「これっぽっちか」とか、

そんな感情を抱くようになりそうだからだ。

 

 

大丈夫。

まだ僕には、その感覚はない。

 

お昼のごはんだって、

コンビニの100円のパンを食べているし、

2000円のガス代を払い忘れて、

水で頭を洗うことだってある。

 

 

これからも、

駄菓子屋で10円のヤッターメンで100円の当たり券が出た時の、あの感動を忘れない。

 

 

 

 

 

100万円あったら、何をしようか。

うーん。色々考えた。

 

出た答えはひとつ。

 

「僕よりも、仕事のできそうな銀行員さんに運用してもらおう」

 

 

いつもの、缶コーヒー飲み場である、

海沿いの道で書きました。


f:id:heyheydodo:20160701105317j:plain