得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

ぼくの通った教習所での日々をすこし。

お題「これって私だけ?」

 

自動車の運転免許をお持ちですか?

ぼくは、持っています。

でも、一回も免許を取ってから運転をしたことはありません。俗に言う、ペーパードライバーというやつです。

 

今日は、ぼくが感じた教習所の魅力や、楽しみ方。

そして、笑ってしまったことを書きます。

 

運転が楽しいというより、別の楽しさを見つけていた気がします。

 

 

 

 

 

 

【教官との巡り合せは、運命の女神さまに祈りましょう。】

 

免許の取得のため、多くの人は教習所へ通います。

自動車の動かし方、ルールの勉強や、実際に運転の練習、

教官をとなりに乗せて運転します。

ここで、久しぶりに大人に怒られることを大学生は経験するのです。

 

嫌な教官や、やさしい教官。

まるで、担任の先生が誰かのようなドキドキを毎回味わうのです。

学園天国の席替えみたいな、心躍るものでは決してありません。

 

学園天国

 

毎度、同じ厳しい教官がつづくと、ぼくは運命の女神さまを呪うのです。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

【路上教習は、ロマンスの神様に祈りましょう。】

 

路上教習というものが、教習所には存在します。

3人ぐらいの生徒と、1人の教官が一台に乗り込みます。

そして、街中を走りまわり、順番に生徒が交代するという授業です。

 

ぼくの通っていた教習所は、ほとんどが中年男性の教官でした。

つまり、毎回、機嫌の悪いおじさんとドライブをするということです。

 

でも、路上教習は違います。おなじ生徒が乗り込むからです。

時には、お隣に大学生ぐらいの女の子がいたりします。

 

ロマンスの神様

 

まぁ、何があるわけでもないですが、

きっと、その人の運転で初めてドライブしたのはあなたですよ。

 

「あなたの初めてのドライブの相手は私です。」

 

恋がはじまる前に、こんなことが言えてしまいます。

 

 

相手が、週休二日しかもフレックスかの保証はしませんが。

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

【教習所で、留学気分♪】

 

場所によっては、海外の人が通っている教習所もあります。

ぼくの通っていた教習所は、中国人の方がたくさん通っていました。

しかも、ごつい男性ばかり。

 

先ほどのお話で、ロマンスの神様が出てきましたが、ぼくにはあまり願いを叶えてくれませんでした。

つまり、2人ペア等の授業は、ほとんどこの人達だったのです。

 

リュウさんや、リュウさん、あとリュウさん。

どれが誰かを探すことから始まります。

 

 

人命救助の実技が教習所にはあるのですが、心肺蘇生法のシュミレーションをします。

心臓マッサージは、人形を使ってするのですが、

幼児の心肺蘇生法は実際にペアで行うのです。

 

 

 

 

これを、大人同士でやるのです。

ぼくのペアは、リュウさん。

 

「ほんとうに強く叩かないでいいですからねぇ」と、先生が言います。

 

しかし、伝わっていないリュウさん、

何も詰まっていないぼくの背中を思い切りたたきます。

 

うっ うっ うっ

 

異物というより、汚物が出そうな状況。

苦しみながら、ぼくは次の授業へ向かっていました。

 

 

しかし、

ぼくとリュウさんの戦いはこれだけではありませんでした。

 

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

リュウさんの路上強襲】

 

 

なんだかんだで、毎日が過ぎていきます。

車を運転する事にもダンダン楽しさを感じてきます。

 

厳しかった教官も、余裕が出てくると世間話をできる関係になったりもしてきます。

 

 

すこし、おじさんとのドライブも楽しくなります。

その頃には、卒業も近いです。

 

 

ぼくも、もうすぐ卒業が近づき、

路上教習もあと数回になっていました。

 

それでも、やっぱり外を走るのは緊張します。

集中して、気を抜かず、周りを見渡します。

 

ぼくの運転で路上を走る。

隣には、いつもの教官。後ろには、知らないオバさんと、いつものリュウさん。

 

 

ぼくの通っていた教習所の周りは、海外の人がたくさん住んでいる場所でした。

日本人よりも、海外の人のほうがすれ違うぐらいに。

 

 

ぼくの運転の時、リュウさんは教官ずっと話しかけるのです。

 

「今日は、あついねぇ。おなかが空いたねぇ」

 

静かには、してくれません。

集中力を吸い取るように、話し続けます。

教官も返します。

 

リュウさんは、なんの料理が好きなの」

 

「う~ん、ハンバーガーかなぁ」

 

こんなやりとりを漫才のようにずっとしています。

 

 

そんな時、ぼくたちの車の前を、たくさんのアフリカ系の人がとおりました。

その瞬間、リュウさんが叫びました。

 

「うわぁ~、外人がいっぱいだぁ~」

 

リュウさん、あんたも外人だよ!」

 

教官のするどいツッコミは、

ぼくが一時停止を忘れていた時よりも早く感じていました。

 

 

集中、集中。

 

リュウさんは、そのあと少し静かになりました。

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

教習所には、色んな楽しみ方があります。

今日、ここに記したのは、ほんの一部にすぎません。

 

卒業すれば、色んなところへ行けます。

車に乗ってどこへ行こう、誰を乗せよう。

 

すこし、面白い出会いもあるのかもしれません。

 

何かの参考になればと思います。