得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

テーマパークで、もっと話そう。

f:id:heyheydodo:20160620220533p:plain



毎朝、電車でテーマパークに向かう人たちを見ます。

毎晩、電車でテーマパークから帰る人たちを見ます。

 

 

僕は、絶叫マシンは苦手だし、おばけ系もごめんなさいでして。

でも、友達とテーマパークに行くのは憂鬱だけど楽しみになったりもします。


行ったら、行ったで絶叫マシンに乗せられて、

疲労困憊で泣きそうになりますが。

 

 

 

テーマパークの魅力ってなんなのだろう。

なんで休みの日に悲鳴をあげて疲れるんだろう。

 

たとえば、

安全第一のくせに、
後ろ向きのジェットコースターに乗ったり。

 

死にたくないくせに、
死人になって練り歩いたり。

 

濡れたくないのに、
びしょ濡れになって騒いだり。

 

こんなの地獄巡りじゃないか。

 

そして、高い!高い!と言いながら、

値段不相応のご飯を食べる。

 

 

 

そこで、ちょいと思ったことは、

テーマパークって、
「いやなこと」を体験できるから流行ってるんじゃないかってこと。

人は、すこしだけ「いやなこと」を求めているんじゃないでしょうか。

本当に地獄に行きたくはないけど、

地獄巡りはしてみたいんじゃないだろうか。

 

 

テーマパークで体験したことは、

どんな「いやなこと」でも、それは楽しいに変換されてしまうのだ。

もちろん、殴られるとかは別だが。

 

これからは、

テーマパークでは友達と本音で話そうと思う。

本音で話すことは勇気のいることだ。

相手を傷つけたりするから。

 

でも、ここは夢の空間。

今だけは、「いやなこと」でも、大切な時間になる。

 

アトラクションを、いかに効率よく乗るか。

そんなことが、目的になりがちですが、

本音で友達と話す時間を作ってみたら、

気楽に本当の自分で向き合えるかもしれません。

 

 

すこしぐらいギスギスしたっていいじゃない、

笑える場所がいっぱいあるし、

抱きしめてくれる仲間もいるさ。


一緒に、テーマパークに行ける仲間は、

場所がどこであれ本音で話せるというのが種明かしです。


気を使わないですむ人と、

楽しい場所には行きましょう。

 

 

 

 

嗚呼、

ネズミと抱き合うなんて絶対嫌だけど、

ミッキーとは抱き合って写真撮りたいものです。