得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

雨にぬれた言葉を。

今週のお題「雨の日グッズ」


ということで、

雨の日に聴く歌を書こうかと思いましたが、

ちょいとひねります。



f:id:heyheydodo:20160618002133j:plain


雨の歌について書きます。


いろんな雨の歌がありますが、

歌詞で延々と絶望を語ったものは、

あまり存在しない気がします。


なぜなら、音楽とは気分を落ち着かせたり、明るくするものだから。

すごく単純な理由ですが。



だから、雨の歌は2種類に分かれる。


雨を受け入れたうえで、


知ったこっちゃない!という、ずぶ濡れスタイル。

TOKIOの  雨傘  という歌がいいです


そのうち晴れるさ気楽にいこう!という、雨宿りスタイル。

RCサクセションの  雨上がりの夜空に  という歌がいいです



ただ、雨の歌は、雨の日に聴くためにあるわけではありません。


どちらかというと、ぼくは晴れの日に聴きます。


天気のいい休みの朝に、

風を感じながら聴く雨の歌。


べつに、もとから天気がいいのに、

雨上がりのような感覚になる。

ちょっと嬉しい気分になる。


天気がいいことを、

もっと嬉しく思える方法は、

雨の歌を聴くことだと思います。



さぁ、晴れた今日は何をしよう。



雨の日がつづく季節は、

晴れた日をいつもよりも喜べる季節でもあるんだと思います。