得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

銀行員に潜入中。2マス目

よっと。やってきました金曜日。

 

f:id:heyheydodo:20160617220021j:plain

 おともだちはたいせつ。

 

 

 

さて、銀行員に潜入中なのですが、今日もおつかれさまでした。

 

お客様の家へ、こんにちは。

なんと有り難いことに、大きなお金を預けてもらえることに。

 

営業としては、これ以上ない幸運。

 

 

ぼくは、自転車でエリアを周っており、

外はとても暑いので、汗がとまりません。

 

いつも、そのお客様は屋上でシソのジュースを出してくれます。

すっぱくて美味しいです。ポカリスエットのつぎぐらいに。

 

 

ただ、今日はちょっと違いました。

キンキンに冷えたお茶。

おいしいです。いつもよりも生き返ります。

味わったことのない、でも紛れもないお茶。

 

「いつもありがとうございます」

 

感謝を伝える。

 

「ところでお客様、このお茶は何という名前のお茶なのですか?」

 

ふっとした疑問を伝える。

 

『うん?それは何やろうねぇ、屋上で育ててる薬草だけど、なんなのか分からないの。ははは』

 

驚きを腹にしまいこむ。

 

 

 

…確かに体力は回復している。

……流れる汗は止まった。背中の冷や汗はとまらない。

………いったい、なんの植物なんだ。

 

冷静になる。

いろいろ考えたけど、

まぁそんなことはどうでもいいやとテンションを上げる。

 

勝手に上がったのかもしれない。

 

お茶の効果か分からないけど、一日踏ん張ってのりきった。

 

今日は金曜日。

明日の土曜日も、明後日の日曜日も、

来週も元気に生きていたいなぁ。

 

 

おもしろい日々よ、つづけ。

 

つづく。