得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

手ぶらのおじさんについて。

毎日通勤していると、色んな人を見ます。


僕みたいなサラリーマン。


英単語を勉強してる学生。


スマホゲームに夢中なサラリーマン。


地べたに座り込んで眠る学生。


まぁ、ほとんどが、

学生かサラリーマンなのですが。

そんな毎日のなかで、気になっていることがひとつ。


たまに、スーツを着て、荷物を一切持たずに通勤しているおじさんを見かけます。


あの人たちは、何者なのでしょう。

ひとつ分かることは、

たぶん荷物がいらないような仕事をしていること。


偉い人なのかな。

お迎えが来ない程度の偉い人なんだろなぁとか思って見ています。


知りたいことは、

その人達が1日で持ったなかで、

いちばん重い物は何かということです。


“箸より重いものを持ったことがない”

なんてことを言いますが、

そんなこと、ほとんどあり得ない。


でも、このおじさん達なら、

それに近い1日を過ごしているはず。


知りたい。

おじさんが1日で持つ、いちばん重い物は何だ。

通勤カバン以下である可能性が高いはず。


ボールペンなのか、印鑑なのか、

はたまた“箸”なのか。


もっと重い物を扱っているのか。


家に帰ったら、奥様に顎でつかわれているのか。


きになる。きになる。