得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

ひとは、豆乳のように歩み寄る。

器用という言葉を、人に良い意味で使ったことがあまりないです。

中学校の時、美術の作品が凄い人には、良い意味で使ったことはあります。


人間関係において、器用なんて人が存在するのか

僕は存在しないって思っています。


「あいつは器用やから。」

なんて思ってしまうと、

その人のことを、それ以上に知れる機会を見逃してしまう気がします。

これ以上に、深いところがあるって考えなくなってしまいます。


不器用な人しか、存在しないって考えると

お互いに時間をかけてでも、分かり合えちゃうんじゃないかなって思います。


やさしいってのはそういうことで、

どちらかが一方的に思うことではない。


湯葉を食べるなら、にがりをブチ込んで豆腐にして丸ごと食べてしまいましょう。

表面上で完結しないようにしよう。


ちなみに、にがりって漢字で苦汁って書くらしい。

多少の苦い思いも、歩み寄るには必要なんだなぁ。



ぼくは、極端に不器用です。

でも、わかってくれる人のおかげで今があります。


f:id:heyheydodo:20160607201309j:plain