得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

フェスの季節がやってきた。

もうすぐ夏です。

暑い季節です。

熱い季節でもあります。


ロックフェスが、あちらこちらで開催されてます。

大阪では、このあいだメトロックが開催されていました。


フェスに行くと、

たくさんの日頃にストレスを抱えた大人たちが、ステップを踏んでいます。手をかかげています。


たくさんの人たちが弾けていると、

じぶんもいつの間にか弾けてしまいます。

悪くないです。


野外で行われるフェスが多いですねぇ。


足元が土になってる場所では、みんなスニーカーをドロドロにして踊っています。

晴れてるのに、動くから土が掘れてドロドロです。


その様子を見て、考えてたことがあります。


【畑を耕すロックフェス】


田舎の畑でフェスをやるのはどうなのかなと思ったのです。

まだ種もまく前の畑をステージにする。


観客のステップが、畑を耕す。

後日、そこに種をまく。

収穫の時期にあわせて、またフェスを開催する。

そこで、みんなは野菜を食べたり、買ったりする。


たくさんの人が、遊びに来るし、地域の特産品を食べる機会にもなります。

もともと、ロックフェスの開催された理由も、田舎に人をたくさん呼ぶためだったと聞いたことがあります。


企画の一つとして、そんなイベントがあれば、

僕はちょっと行ってみたいなって思います。


今年も、色んなとこで、

たくさんの人が踊る、騒ぐ夏がやってきます。