得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

ぼくたちはみんな、サラリーパンだ。

月末を乗りきった皆様、お疲れ様でした。

6月がはじまります。

ロスタイムなんてありません、5月31日の翌日は、6月1日です。

 

ノルマに追われたかたもいるでしょう。

ぼくもおなじです。振り払っても付いてきます。

 

ようやく5月のノルマと和解したと同時に、6月のノルマがぶつぶつ耳元でつぶやきます。

 

『身を粉にして働く』という言葉があります。

言葉のとおり、粉になるぐらい身を削って働くという意味です。

 

5月は、がんばり屋だった人、今月はすこし力を抜きましょう。

 

ふと、こんなことを考えていました。

 

僕たちの体がパンだとしたら、

どんなに身を小麦粉になるまで働いても、翌月にはパンにもどされるんだな。

頑張って頑張って、粉々になってやっても、

次の日には、こんがりとしたパンに焼きあげられるのだなって。

 

パンから、小麦にもどるのは本当に大変だと思う。

 

必死になりすぎたら疲れてしまうし、

どうせ月の初めには、また、形を戻されてしまうんだから、

たまにはゆっくりしてみましょう。

 

 

どうでもいいことだけれど、

アンパンマンってすごいと思うなぁ。

 

ぼくたちはみんな、サラリーパンだなぁ。

 

アンパンマンはカリスマの、サラリーパンだ。