得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

おもちゃ屋でのお話。

「進まへんやん」


トイザらスで、

呆れた口調で、

お母さんらしき人がもらした言葉。


どんなにこねくり回した表現よりも、

ポンっと出てくる言葉が強かったりする。


確かに、

トイザらスでの買い物はなかなか次に進まない。


楽しいものがありすぎる。


これが百貨店になると、

子供から

「進まへんやん」

が、もれるんだろうなぁ。


母親と買い物いったら、

あまりに長くて、よく試着室に座って休憩してました。


だから、試着室では好きな人よりも、苦い記憶を思い出します。


買い物付き合ったご褒美が、

苦手なシナモンロールだったときに衝撃だったなぁ。


子供の百貨店、トイザらス


いまでもやっぱり、おもちゃに囲まれたらワクワクしてしまう大人です。