得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

とんかつは、クールビズ禁止。

厚いのがすきなんだ。
とんかつは、分厚いのがすきなんだ。
なにを今更なことではあるが、
ぼくは分厚いとんかつが大好きだ。

それは、肉厚という意味ではない。
そんな贅沢は言わない。
衣が分厚いので充分なのである。

とんかつ屋には、ソースもポン酢もある。
ご飯、キャベツはたいていおかわり自由。

さて、どう食べようか。
まずは普通に食べ進む。美味しい。
ソースが美味い。ポン酢とおろしが美味い。

ここで、当然な話をします。

加熱した肉は、ほとんどソースを染み込みません。
では、この口の中に広がる調味料は誰が連れてきたのか。
誰の紹介で、ぼくの口の中にやってきたのか。

“衣”さんです。
広島カープベンチでの、衣笠祥雄氏の愛称ではありません。
とんかつが着ている、あの“ころも”です。
言葉としても、かわいい。
そして、おいしさを連れてくる。

例えば、かさ増しだって言う人もいるかもしれませんが、ころもは分厚いほうがいい。

暑い季節がやってきました。
うちの会社もノーネクタイで、クールビズのはじまりです。

とんかつだけは、暑くても我慢していただきたいところです。
クールビズ禁止でお願いします。