得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

日本ダービーをもっと楽しく。

マカヒキが勝ちました。

いいレースでした、日本ダービー

最後の最後、ゴールした瞬間の緊張感からの解放。

そして、野太い声援(女性の声も野太い)。

一瞬ではじまる、反省会。

一瞬ではじまる、祝勝会。

負けても楽しい、勝ったらもっと楽しい。


レースを待ちわびて待ちわびて、

そのひとときを見つめることが競馬の楽しみであると思います。


データをもとに、静かにレース展開を見守るおじさん。

スタートの時点で、1着に応援してる馬がいて騒ぐ子供たち。

もはや、お酒を飲みすぎて顔を真っ赤にして、馬に声を送る集団。


どんな人も心はひとつ、

ワクワクしたりドキドキしたりしてるはず。

年齢問わず、性別問わず、

今日の競馬場は心拍数が上がりまくってたと思います。


そこで一つ考えてたことがあります。


【心拍数に素直になる、日本ダービー


という企画です。


今や、自分の心拍数をアプリで測れる時代。


そのアプリを使用して、来場者の平均心拍数をとります。

そして、ビジョンに“日本ダービー心拍数”として映し出します。


どれだけ、周りがドキドキしているか分かることで、

自分も素直にドキドキできる気がします。

感情の共有は、実はすごく大切な競馬の魅力です。


より一層、会場が一丸となって応援するって仕組みになるような狙い。


みんなで楽しむ、みんなで声を出す。

競馬場がそんな空間にもっとなっていければ、世の中すこし平和になったりするんじゃないかと思います。


くぅー、蛯名に勝ってほしかった。