得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

今日は、〇〇だしね。

「〇〇だもんね」という、同調したり肯定したりする時に使う言葉遣いがあります。

関西弁にすると、

「〇〇やしね」っていう言葉遣いになるんですが、

僕は何となく言葉の並びが嫌いです。

例えば、

「私はお肉より、魚が好きなの。海の近いとこでそだったから」

「そっか、北海道やしね」

って会話の流れになります。

なんとなく、分かってもらえるか微妙なのですが、

〇〇や、死ね!

という言葉の塊に、一瞬だけ見えることがあるんです。

同意や、物事を指した瞬間に、突然の死ね。

なんとなく、本能でそう認識してしまうのかなって。

小さい「ぇ」を後ろにつけると、すこし言葉が柔らかくなります。

「〇〇やしねぇ。」

これでも気になる。

だから、「〇〇やもんねぇ」がベストなんだなって。

小さい、母音は言葉の角をとる。

まるい も充分まるいけど、

まぁるい はもっとまるい。

北乃きい より、

北乃きぃ のほうが、すこし気が優しそう。