得も損もない言葉たち。

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

朝の情けなさ。

目覚ましで起きる。

周りを見渡す。


やばい、濡れてる。

二回、三回と触る。

やっぱり濡れてる。


しばらく何も考えられず、ぼーっとする。


何が起きたか気づいた瞬間、

なんとも言えない唸り声が出た。


あと20分後には仕事に行かないといけない。

どうやって、乾かそうか。

どうすれば、元どおりになるのか。


とにかく、乾かそうと取り出したのはアイロン。


あっつあつになったアイロンを、

夜中に飲んだ飲料水がこぼれて濡れてしまった、

星野源の「知らない」初回限定盤のジャケットにあてた。


こんな悲しいことはない。


朝はゆっくり寝てたいのに。

星野源をのんびり聴いていたいのに。


おしっこ漏らすより辛かった話。