得も損もない言葉たち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常をひとます、休まず。

あなたのクスッとをください。

クリスマスの朝のように。

こうなることが自分の運命。

ああなったのは自分の運命。


結局、いいことが起きた時には、

人は運命って言葉を使わない気がする。


「宝くじに当たったのは自分の運命だったからだろうと思います」

なんてこと言ってる人を見たことがなくて。



結婚の場で使われる、

「2人が出会ったのは運命でした」。


さて、これはどっちなのだろう。

まだ分からない未来に対して、ひとまず運命という言葉を使っている気もしてくる。


テレビでは毎日、結婚したカップル、離婚した夫婦が報道されている。

彼らにとって、運命って言ったことがどっちに転んでいるのだろう。


あぁ、結婚するのは当分先でいいや。

できるかどうか分からないけど。


話は戻るけれど、

自分の向かっている先が、

例えば全く求めていないものだとしたら、

運命って言葉を使ってはいけない気がする。


人は現実に優しいから、

仕方ないなぁって許してしまうから。


ふざんけんな!って、

言ってもいいのかも。


もし、

運命なんて言葉を一回でも使ってしまった人は、進んでる道を、ひん曲げてみてもいいのかもしれないなぁと。


それでもダメでも、ひん曲げて、ひん曲げて、ちょっと修正して、


気付いたら家族に見守られて、

いい運命だったって言って眠ったら幸せなんだろうな。


運命ってことばは、

終わりを告げることばなんだ。

使った瞬間に、ひとつのことがおわってしまうんだ。


満足いかないのに、いってるフリは疲れる。


サンタクロースのプレゼントに、

プレステがほしかったのに生物辞典だった日の朝のように。